COMPの食べ方を工夫してみる – その13 卵プリン

COMPの食べ方を工夫してみるシリーズ

COMPを使って、卵のプリンを作ってみる。ゼラチンは使わないで卵だけで固めるオーソドックスなプリンだ。

材料は、以下の通り。
・卵 1個
・COMPをぬるま湯に溶かした物 100cc
・砂糖(代用でオリゴ糖を使った) 少々
・バニラエッセンスオイル 2~3滴

卵は、殻を割らずに殻に中身が入ったまま撹拌するための撹拌グッズを使って白身と黄身を混ぜて卵液を作る。
卵を割らずにプリンを作る
これを使うと、卵液に空気を含ませずにしっかりと混ぜることが簡単にできる。

次に、卵液と他の材料を混ぜて、目の細かい茶漉しで一度濾す。

あとはプリン容器に入れて、ゆで卵マシン(温泉タマゴ機)で加熱する。
ゆで卵マシン(温泉タマゴ機)でプリン作りを試してみる
前は牛乳と卵でプリンを作ってうまくいっているが、今回COMPではうまくできるだろうか?

混ぜた材料のプリン液からCOMPの成分の白い部分が分離して浮いてきてしまう。
加熱直前にまた少しかき混ぜてから加熱した。(半熟卵モードで加熱)

牛乳を使ったときと違って固まり具合が悪い。
加熱した直後に取り出したら固まりが弱く、容器を逆さまにしたら崩壊してしまった。

加熱したあと、まだマシンの中のお湯が熱いままなので、そのままプリン容器を湯に漬けたまましばらく放置したら、余熱でプリンが固まった。

食べてみた。

味はふつうの卵のプリンだ。
食感は、なんかねちゃっとした感じであまり良くない。
牛乳を使ったときにはもっとつるっとした感じだったのに、なぜだろう?

材料の配分を変更して、COMPを溶かしたものを200ccに増やしてみた。

ぎりぎり固まった感じだが、だいぶゆるくて崩壊寸前みたいな感じだ。

味は、あまり変わらないが、食感がだいぶ良くなった。

見た目で、ちょっと「す」が入ってしまった。
「す」が入らないように、マシンの鍋底に何か敷いたら改善できるだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

6 × = 60