アスナ(ソードアートオンライン)の女体フィギュアなプラモデルを手に入れたので、組んでみた

フィギュアライズスタンダード アスナ 色分け済みプラモデル (Amazon)

以前に買ったフィギュアライズバストのシリーズと違い、全身像のプラモデルだ。
多色のプラスチック樹脂同時成型の部品とかは無いので、大部分のパーツは普通だ。
しかし、ちらっと見えるふとももの部分が肌色のパーツの下のパーツの色が透けて見えて、「透き通るような肌」を表現している。マニアックだ。

組み立てをする。特に余分な手を入れずに素のままに組み立てた。パチ組みとか言うらしい。

組み立ての説明書を見ながら作業する。

シールを貼る部分がちょっと分かりにくい。水転写式のシールと、粘着式の普通のシールの2種類が付属している。自分は普通のシールを貼っていった。

ふとももパーツ。

組み立てた足は、このような感じだ。

腕と胴体と頭も組み立てた。

合体させる。

完成。


フィギュアライズのシリーズのプラモデルは、最近いろいろと増えてきている。

Figure-riseLABO 南 ことり とか凄いらしい。

追記 – このあたりが詳しいようだ。
これがプラモデル! バンダイの変態技術が生んだ“超フィギュア級”プラモ – 価格.comマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 58 = 66