PC用の外付けDVDドライブの安いのを買ったのだが、ACアダプタ(別売り)を使わないとDVDを読めなかった

PC用の外付けDVDドライブの安いのを買ったのだが、ACアダプタ(別売り)を使わないとDVDを読めなかった。

今まではPC自作機用に売っている剥き出しのDVDドライブを、外付け化するケースに入れて使っていたのだが、調子が悪くなってしまったので、この外付けDVDドライブを購入した。

また内蔵のを購入して外付け化ケースに入れ直せばよかったのだが、上記の外付けDVDドライブが安かったのと、小型で持ち運びにもよさそうだと思ったのでこちらを購入したのだった。

しかし、これをノートPCに接続してDVDを読もうとすると、ドライブの電源が一瞬落ちてしまうらしく、DVDドライブが認識されなくなるのとDVDドライブが認識されてディスクを読み取ろうとするという動作を延々と繰り返してしまって、使えない。

どうやらノートPC側のUSB3.0ポートの電源供給能力が貧弱すぎるのかもしれない。

そういう場合には、ACアダプタ(別売り)を使えばよいらしい。

推奨されているACアダプタは、USB-ACADP5という品物で、Amazonで調べたら3750円だ。DVDドライブが1800円だったのに、それよりもかなり値段が高い。

5Vで2Aくらいのアダプタなら何でもよさそうだったので、推奨ではない安いACアダプタを購入して、無事に動かすことができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

42 + = 43