クロスボウ(ボウガン)は規制されて所持禁止なのだが、DIYで簡単に作れそうだ

クロスボウ(ボウガン)は規制されて所持禁止なのだが、DIYで簡単に作れそうだ。

クロスボウは最近、所持が禁止されることになった。
クロスボウの所持が禁止されます!|警察庁Webサイト

ただし、構造が簡単なのでDIYで簡単(?)に作れてしまうようだ。
Build the simplest crossbow ever – YouTube
How to make survival crossbow and arrows from bamboo – YouTube

子供の頃に、ステンレスの定規を弓にして遊んだりしていたのだが、弓の材料としてそのままステンレスの定規が使えそうだ。強度を強くしたければ2枚とか3枚束ねたら強い弓が作れそうな気がする。(廃棄予定のクロスボウ部品を元にして作れそうな感じ。)

このへんの動画のように、滑車を取り付けてコンパウンドボウのような仕組みの弓にすれば、弱い力で弓を引くことができる。

あとは、弦を固定する機構と、引き金などで解放する機構もDIYで割と簡単に作れそうな気がする。


もしDIYで自作したとしたらの話だが、クロスボウは一定の威力が出る物は所持が禁止なので、弓の部分(ステンレスの定規)をわざと弱く作ってやれば規制の対象外となるはずだ。(なので、玩具のクロスボウとかは規制されない。)
だが、ステンレスの定規を束ねる枚数を簡単に増やすことができ、簡単に弓の強度を上げられるとしたらどうなるのだろうか?

DIY自体を規制すべき??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 63 = 65