井村屋「すまん」を食べてみた – その2 マリトッツォ風

井村屋「すまん」を食べてみた。という話の続き。

クリームを挟んでマリトッツォ風にしてみた。

「すまん」を電子レンジで加熱してからカットするときに、熱いのでちょっと冷ましてから作ったのだが、皮がふかふかでなく、もちもちで強い弾力がある状態になってしまった。

熱いとクリームが溶けてしまうので、熱いままでは作れなかったというのもあるのだが、皮の部分の食感が変化してしまったのは誤算だった。

マリトッツォは本来はブリウォッシュ生地のパンにクリームを挟むものだ。ふかふかの生地のパンであれば、クリームを挟んでマリトッツォ風パンを簡単に自作することができる。
ということで、「すまん」を使ってみたのだが、皮の食感が変化してしまったのは誤算だった。


他にもいろいろと挟むのを試してみる。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

85 − 75 =