足底腱膜炎らしき足の裏の痛み対策で医者にインソールというのを薦められたので、とりあえず市販の安いインソール等を使ってみる

足底腱膜炎らしき足の裏の痛み対策で医者にインソールというのを薦められたので、とりあえず市販の安いインソール等を使ってみる。

あと、足の痛みを軽減するための靴底が厚くてクッション性の素材になっているものを買ってみた。

[Isyunen] スニーカー メンズ スリッポン 紐なしスニーカー ウォキングシューズ ライニングシューズ 超軽量 トレーニング メッシュ カジュアル スニーカー 通勤通学 日常用 大きいサイズ (Amazon)

インソールは2種類を買ってみた。

靴も2種類を買ってみた。


靴にセットして敷いて使う。

まずは単純な平べったいシートのものを2枚重ねて使ってみてる。

使い始めはかなりクッション性があり、厚い弾力のあるマットレスの上を歩いているみたいな不安定感がありちょっと歩いていて不安な感じだった。実際、初日に駅の階段で転んでしまった。

しばらく履いたらあまりクッション性を感じなくなった。

3月中旬から4月中旬くらいまで約1ヶ月ほど使ってみた。
足の裏のかかとの部分の痛みにはあまり効果が感じられなかった。
最初のうちは効果があるように思えたのだが、クッション性が減ってしまっているせい?なのかも。
しかし、一日出歩いたりしたあとに足の裏が全体的に痛くなるという症状はその後もずっと出にくくなったようだ。

足の裏のかかとの部分の痛みだけはしつこく続いていて、症状の出かたというかモードが違う感じだと思う。


その後、足の裏の全体が痛くなりにくいので、かかとの痛みだけ我慢して歩くのを増やした。
コロナの緊急事態宣言も解除され、3回目ワクチン接種も終わって、旅行に出かけるのを解禁して、多く歩いた。

多く歩くと、足の裏のかかとの部分の痛みが酷くなったのだが、偶然、痛みを減らす方法を見つけることができた。

長くなるので、blogエントリを分けて書く。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 19 = 28