iPhone Xを故障させてしまって起動しなくなったので、iPhoneに取り込んで使っていたモバイルSuicaのチャージが使えなくなってしまって、取り出せなくて困っている

iPhone Xを故障させてしまって起動しなくなったので、iPhoneに取り込んで使っていたモバイルSuicaのチャージが使えなくなってしまって、取り出なくて困っている。

モバイルSuicaを別の機種に引越しさせる方法を調べてみている。(故障とか紛失とかで旧機種を操作せずにできる方法を探している。)
JR東日本:モバイルSuica>各種手続き>端末の変更
IPhoneの場合とAndroidの場合で方法が異なるようだ。

で、iPhoneの場合、JRの公式のモバイルSuicaアプリを使っている場合と、Apple PayのWalletに登録している場合とで方法が異なる。

前者の場合には、JRの管理するサーバーにモバイルSuica(の固有ID番号?)と所有者のアカウントを紐付けする情報が残っているので、新しい機種がiPhoneでもAndroidでも問題なく移行することができる。

後者の場合、自分も該当するのだがApple PayのWalletのみで使っていた場合、Appleのサイトに方法が載っている。
端末を変更・交換する時のお手続き(機種変更-故障交換-退会・払いもどし) – Suica Apple Pay よくあるご質問
ここでQ&A形式で選択肢を入れていくと情報に辿り着ける。
あるいはこのあたりの情報も参考になる。
新しいiPhoneへのSuica引継ぎマニュアル 事前準備とApple Watchの移行手順も解説|TIME&SPACE by KDDI

故障してiPhoneが動かない場合、別のiPhoneで同じApple IDでサインインをしてApple Payの管理の画面で故障したiPhoneの情報の画面を開くと、登録済みのモバイルSuicaが出てくる。(たぶんMac/PCでも可能?)
この管理画面でまず故障したiPhoneに登録されているモバイルSuicaを削除する。モバイルSuicaの紐付けが削除されるだけで、モバイルSuica()の自体が消滅するわけではなく、一旦どこにも登録されていない宙ぶらりんの状態でAppleが預かっている状態になる。

そのあと、新しいiPhone/Apple Watchに登録するば、またモバイルSuicaが使えるようになる。

しかし、自分の場合、故障してしまったiPhone Xの代替機として以前に使っていたiPhone 6sを引っ張りだして移行させようとしているのだけど、iPhone 6sはモバイルSuicaに対応していない機種なので登録ができない。
この場合(Apple預かりになっている場合)には、Androidへの引越しも不可能だ。


ちなみに、故障してOSが起動しないiPhoneでもモバイルSuicaが使える場合があるようだ。
iPhoneの電源が切れていてもSuicaは使えますか? – Suica Apple Pay よくあるご質問

自分の故障したiPhone Xはバッテリーを繋いだ状態だとほんのり温かくなっているので、この状態でSuica払いができるコンビニやスーパーで支払いに使えばチャージ残高を使い切ることができるかもしれない。

ということで試してみたのだが、使えなかった。残念。
店に行ったときにはiPhone Xは温かくなくなってしまった。故障のせいでバッテリーが短時間で干上がってしまったのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 3 = 6