滋賀県の能登川博物館に行ってきた (+α)

滋賀県の能登川博物館に行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その266)

滋賀県の東近江市にある博物館、兼、図書館だ。のとはくミニ水族館という水槽展示があるというので行ってみることにした。
(以前にネットで調べたときには期間限定のイベントで水槽展示をしているだけらしかったので、それ以上はチェックしていなかったのだが、いつ頃からか常設の水槽展示をしていたようだ。)

実は、少し前(先月)に一度行ったみたのだが、休みの日で閉まっていた。

今回は、滋賀県のびわこベースを見に行った帰りに、最寄り駅の能登川駅まで電車で来た。

駅からは北の方向に向かう。

見学する。

スズムシの展示は、期間限定のようだ。


 のとはくミニ水族館 水槽展示。

ナマズ、カワニナ、ギンブナ、ドジョウが居る。

あと、通路の反対側に小さい水槽がある。

ついでに博物館も見学した。

能登川駅の近くの店で昼食。鮒ずしラーメンを食べた。


能登川駅の南のほうに3kmくらい離れているのだが、ハリヨの里あれぢという場所があるので、行ってみることにした。

一旦、彦根駅までJRの電車で移動して、近江鉄道に乗り換えて行く。

五箇荘駅まで乗車した。

駅前の地図には載っていない。

スマートフォンの地図を見ながら歩いて行った。

国道を越えていったら田んぼの田舎の風景になる。こんな所にハリヨの里があるのか不安になってくる。

近江商人屋敷の1つ藤井彦四郎邸。

バス停ではなく、コミュニティタクシー乗り場がある。予約制で前日に予約しないと運行しないので、今回は利用できなかった。

近江商人邸のすぐ北西の民家のある道に入っていく。

ハリヨの里あれぢに着いた。
池のある小さな公園という感じだ。

池は藻が多くて魚が居るのかどうかはよく見えない。

池の水面にメダカらしき波紋が移動するのが見える。

一匹だけメダカよりも大きい小鮒くらいの大きさの魚を見かけたが、ハリヨなのかどうかは分からなかった。

一通り見学したので、また五箇荘駅に戻り、彦根方面に戻った。


このあと、ついでに長浜駅の長浜えきまちテラスのミニ水族館に行ってみた。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 65 = 70