Balance Wii Boardみたいに人が乗るセンサーボードを自作するには、センサーは何を使うのがよいだろうか

Balance Wii Boardみたいに人が乗るセンサーボードを自作するには、センサーは何を使うのがよいだろうか?

つくろがや!というメイカー系イベントで、座禅マシーンというのを見て、ちょっと気になった。

Balance Wii Boardの場合は、ひずみゲージを使った金属製のロードセルが使われていた。
WiiFitのバランスボードを調べてみる

今回見学した座禅マシーンは、圧力センサーを使ったのだということだった。

秋月電子で圧力センサーとか物色してみる。
センサ一般-力学関連-圧力センサー 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

秋月電子で、薄い圧力センサーが見つかるのだが、50N(5kgW)までしか測れない。
圧力センサー FSR X 406- センサ一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販

スイッチサイエンスでも同様だ。
感圧センサ四角形 — スイッチサイエンス
10kgまで測れるとデータシートにあるのだが、実際には2kgくらいまでが実用だとか。

人の体重で、50kgとか100kgとか測ろうとすると、ちょっと足らない。

ひずみゲージを使ったロードセルでないと駄目な気がする。
こんな感じの品物が売っている。(秋月)
ロードセル 4ポイント(薄型) 200kg(50kgx4)

あるいは、計測用の回路基板付きのものもAmazonで売っているのが見つかる。
Ren He HX711 モジュール + 4個 50Kg 本体ロードセル 圧力センサーモジュール 計量センサー 秤量センサー 24位精度 ADモジュール 重量センサー ロードセル 体重計センサー 抵抗ひずみハーフブリッジ ボディロードセル センサーキ

699円と安かったので、とりあえず1つ注文してみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

70 + = 74