名古屋市ではLiPoとかの電池を他のリサイクルのゴミと同じように回収してくれるようになっている

名古屋市ではLiPoとかの電池を他のリサイクルのゴミと同じように回収してくれるようになっている。というのに気がついた。

前に、LiPoバッテリーを廃棄する方法が分からない、と書いていたが、解決していたらしい。
年末年始のゴミ出しのチラシが配られていて、それを見て気がついた。

去年(2022年=令和4年)の7月からだったらしい。知らなかった。(情弱だ。)

出し方は、セロハンテープなどで絶縁して、透明の袋に入れて、プラスチック容器収集日に出すだけでよい。

リサイクルマークが無い電池でもOKだ。車やバイクの鉛バッテリーはNGだ。


以前、瑞穂区あたりでゴミ収集車が煙を出して消防署に入っているのを目撃したことがある

そんなふうに、ゴミ収集車が火事になる件数が増加していたのだろう。

いままではリサイクルマークのないバッテリーの処分は、「自治体へ問い合わせてください」と言われて問い合わせると「対象外なので回収していません。販売店などの回収箱へ。」と、言われ、そちらに持っていくと「リサイクルマークのないものは回収していません」と言われて、たらいまわしで押し付け合い状態になっていた。

行き場の無いバッテリーのゴミがこっそり可燃ゴミに混じって捨てられてしまっていたのだろう。
そのせいでゴミ収集車が火事になってしまって、被害額が相当出てしまったと思われる。

対策として、回収しなくもないバッテリーを名古屋市が回収することになったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 36 = 46