ヒーター付きの手袋を手に入れたのだけど、すぐに故障してしまった

ヒーター付きの手袋を手に入れたのだけど、すぐに故障してしまった。

12月下旬あたりから寒くて夜にPCのキーボードを打つのがつらい感じだったので、対策でヒーター付き手袋というのを買ってみた。

手袋 USB接続で加熱 あったか手袋 パソコン作業 PC モバイルバッテリーなど 洗えるUSBヒーター手袋 防寒対策 男女兼用 ヒーター手袋 指先 温かい ヒーター内蔵 ハンドウォーマー パープル (Amazon)

薄いヒーターが手袋の中にベルクロで貼ってあった。

使ってみたのだが、手が熱くなりすぎてしまう。

付属している手袋の構造が少し変わっていて、4本指を覆う袋が付いていて、手の甲の部分にボタンで止めてある。
この部分にヒーターを貼って、手袋の外側から加熱するようにしてみた。(袋の部分の中に入れるというのも試してみた。)


しかし、1日使ったら断線してヒーターが壊れてしまった。

ヒーターの発熱体は、黒いシートで、そこに銅箔テープの電極が貼ってあり、その銅箔に半田付けをしてる部分が千切れてしまった。

修理をするとしたらどうするのがよいだろうか? 代わりの銅箔テープとかを加工して貼ってもまたすぐに壊れてしまうだろう。
導電糸で縫ってそこからヒーターに電気を流すようにするとか考えたのだが、導電糸とか買うとちょっと値段が高い。
600円か700円くらいの手袋を直すのにあまり材料費を掛けても勿体ない。


Aliexpressで似たようなヒーターのみの品物を買ってみた。

しかし、これも1週間くらい使ったら、壊れてしまっている。
電線の付け根の断線ではなくて、ヒーターが劣化して断線してしまったようだ。
ちょっと弄ると復活したりする。
観察しながら弄っていたら、断線部分っぽいところに小さい火花が一瞬だけ見えた。

ヒーター部分が細いパターンになっているので、故障(断線)しやすかったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 84 = 89