グルテンミートで唐揚げを作って食べた – 代用肉その49

グルテンミートで唐揚げを作って食べた。

缶入りのグルテンミートを購入した。小麦でできた代用肉だ。

まず、缶の中身を出してみた。
見た目は色が既に火が通った肉みたいな色をしているのだが、ゴムみたいに柔らかい。

とりあえず、唐揚げ粉をつけて揚げてみた。

大きいままで揚げたのは失敗だったようだ。
火が通りにくいし、衣が取れやすい。

まだ揚げていない残りの分は小さく切って揚げた。

わりといい感じに唐揚げっぽくなった。

ちょっと囓ってみたが、食感も鶏肉の唐揚げっぽさがある。
揚げる時間が長めにするのがよいようだ。

最初に大きいままで揚げてしまった分を、小さく切ってからまた衣を付けて2度揚げした。

さらに普通の唐揚げみたいな見かけになった。

表面がかりっとして美味しい。

一度冷めたのを温めなおして、カレーにのせて食べたらいい感じだった。
一度冷めてしまったグルテンミート唐揚げは、中が肉の線維っぽい感じが発生していて、さらに唐揚げに近い感じになっている。


工夫したらフライドチキンもグルテンミートで作れないだろうか?

KFCとかにヴィーガンがケチを付けているらしい。
渋谷のKFC前でクリスマスチキン自粛呼び掛け 動物愛護団体 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
代用肉のフライドチキンも売っていたらこういう活動家からお目こぼしして貰えるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

60 − = 50