干し芋の唐揚げを食べた

干し芋の唐揚げを食べた。

TVerでごはんもの番組を見て、干し芋の唐揚げというのが出ていた。
それを真似して作ってみることにした。

袋を使って唐揚げ粉を干し芋にしっかりとまぶす。

油で揚げた。一部はちょっと揚げすぎて色が黒っぽくなってしまった。

ちょっと外側がしょっぱくて、中のイモ部分が甘くて、美味しい。


干し芋の天ぷらというのも作ってみた。

これも上記のTVerで同じ番組で見た料理だ。


衣を付けて、油で揚げてみた。


見た目はいい感じだが、しんなりしすぎだ。
さつまいもの天ぷらみたいに衣がもっとサクサクした感じになるかと思ったのだが、いまいちだ。

エアフライヤーでさらに加熱したら割とかりかりになったが、中身まで固くなってしまった。2度揚げみたいなのは加減が難しい。

(追記 – くら寿司でやきいもの天ぷらというのがあったので食べてみた。いい揚げ具合で美味しかった。)


芋類を揚げるのはフライドポテト以外もアリだということを知った。

唐揚げ粉が余ったので、里芋を揚げてみた。

冷凍の皮むき処理済みの里芋を使った。焦げない程度に加減してわりと長めに揚げていたのだが、中心まで熱が通らなかった。あらかじめ電子レンジで加熱しておけばよかったのかもしれない。そして、もっと火が通りやすい厚さにカットしておくべきだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 52 = 60