静岡県のディスカバリーパーク焼津に行ってきた

静岡県のディスカバリーパーク焼津に行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その328)

静岡県にある天文科学館だ。水槽の展示があるらしいというので行ってみることにした。

名古屋から青春18きっぷを使った日帰り旅行で行ってきた。

朝、8:43頃に焼津駅に到着。

焼津駅にディスカバリーパーク焼津の看板がある。

駅前のバス乗り場の3番から和田浜まわりという路線のバスに乗って行く。

この日は天気予報では一日ずっと晴れだったはずなのだが、このあと曇ったり雨が降ったりと不安定な天気だった。

横須賀ディスカバリーパークバス停に到着。

バス停のある道路から50メートルくらい離れた道路沿いにディスカバリーパークがある。

公園内の近くに別の建物もあるのだが、そちらは科学館ではないらしい。
普通に天文ドームのある建物が目的のディスカバリーパークだ。

見学する。

水槽コーナー。アカハライモリを展示している。

ネットの情報だと前には別の生き物が展示されていたらしいので、時期によって展示する生き物が変わるのだろう。

その他の展示も見学。

ちょうど特別展をしていて、ロープレのゲームみたいなクエストで科学体験をする展示になっているらしい。

特別展でない展示も見学。

プラネタリウムは見なかった。

展望フロア。

テレビ番組でヨコヅナイワシを撮影しようという企画の番組で、撮影した映像をここディスカバリーパーク焼津に持ち帰って確認するというのがあったのを前にTVerで見た。
なので、ヨコヅナイワシに関する展示物があるのかと思ったのだが、全然そういうのは無かった。

一通り見学した。

公園のもう1つの建物は水夢館という名前だ。何だろうかと見に行ったのだが、室内プールだった。水夢というのはswimという意味でつけた名前らしい。

まだ帰りのバスまで時間があるので、田尻浜の海岸を散歩した。

帰りのバスの時間の確認をちょっとミスってしまっていた。
この停留所は右回り路線と左回り路線があり、同じ1つの停留所の表示の表側と裏側で時刻表の表示が分かれている。
裏側の表示に気がつかなくて、近い時間のバスがあったのに気がつかなかった。
そのせいで、遠回りで余分の料金の掛かる遅い時間のバスを待っていたのだった。

このあと、うみしるや深層水ミュージアムに行った。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

5 × = 40