なごや生物多様性センターに行ってきた

なごや生物多様性センターに行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その334)

センター祭りというイベントをやっているので見学に来た。バックヤード見学もあるので、参加してみた。

地下鉄の塩釜口駅が最寄り駅だ。

駅から徒歩5分くらいで到着。

広場で開会式があった。

センターのバックヤードツアーの整理券を貰って、ツアーに参加した。

センターの玄関に集合。

玄関の脇には水槽の展示がある。いきものギャラリーという展示だ。

水槽について職員さんに聞いてみたのだが、これは常設のものだそうだ。

バックヤードツアー開始。

まず、動物の標本の制作室の紹介があった。

次に、植物標本保管庫の見学。

ロッカールームみたいな雰囲気の場所だ。

なぜはんだごてがあるのか聞いてみた。
標本を固定するテープの糊を加熱して溶かして接着するためだそうだ。

バックヤードツアーはこれで終了。

あと、特に案内とかは無かったのだが、廊下の掲示物とかの展示も見学した。

このあと、イベント会場の展示やビオトープを見に行った。


ビオトープに関する展示。(ビオトープツアーには参加しなかった。)


センターの水生植物の水槽。

カメとかの飼育水槽もあった。

イベントのふれあい水族館。

その他、イベントの展示を見て回った。

名古屋港水族館の展示。


ブラックバスの試食。

食べてみた。あまり味が付いていなくて、素材本来の味だ。
下味を付けるとかして、もっと美味しく調理してあったらよかったのにと思った。

一通り見学した。

トークショとかのイベントは混んでいたので観なかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 32 = 42