すいとぴあ江南に行ってきた (2回目)

すいとぴあ江南に行ってきた。
(水族館に行ったメモ:シリーズ その353)

前回に行ったのは2015年なので、9年ぶりだ。

2023年度で廃止して閉館してしまうという話が出ていたのだが、廃止は先送りで当面存続することになり、2024年度から新しい事業者に交代して運営するということだ。
2029年度(2030年3月末)までは営業することが決まっているらしい。そして、その2年前までに廃止か譲渡かを決定する予定だとか。

新しい事業者に変わったことで、水槽展示とかどうなるのだろうかと心配だったので見に行ってみた。

名古屋から名鉄で江南駅まで乗車して行った。

江南駅前からバスに乗る。

バスに乗車し17分ほどで到着。

レストラン部分は、店舗改装で休業中だった。

レストランのところにある水槽を見てきたが、ちゃんと稼働していた。

レストランは営業していないのだが、中で人が打ち合わせをしているみたいだった。再開まであと5日なので改装工事はもう終わっているのだろう。店名とか看板は前と一緒のままらしい。テーブルとかも前と一緒に見える。あまり大がかりに変えてないのかも。

水槽もこのままレストランから見えるように続けるようだ。

本館のほうも2Fの展示室とかを見学してきた。

以前に比べて展示室が狭くなっているようだ。ついたてで仕切ってあり、一部が閉鎖されている。


1Fのロビーに、すいとぴあ江南で行われる行事とかの掲示があった。

ホタル教室があるらしい。

ホタル放流もやるようだ。


外にふれあい池があるのだが、鯉の池みたいなので、ホタルの放流場所とは違うようだ。

売店でリニューアルセールをしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

2 × 4 =