XboxOneコントローラーのスティックがドリフト故障してしまった (あと、初代Eliteコントローラーのトリガーもドリフトしてしまったがこちらはソフト的に直すことができた)

XboxOneコントローラーのスティックがドリフト故障してしまった。
(あと、初代Eliteコントローラーのトリガーもドリフトしてしまったがこちらはソフト的に直すことができた)

可変抵抗を外付けする修理用基板というのを見つけたので、入手した。

しかし、分解して半田付けして調整する手間が面倒なので、結局まだ修理をしていない。

その代わりに有線の安いコントローラーを手に入れてそちらを使っている。
Xbox用の透明な筐体の有線コントローラー Afterglowを手に入れた

他にも今日さっき(2024-05-07)、Aliexpressで安いコントローラーを見つけたので1つ追加で注文した。(セールで2281円だ。)
ワイヤレスゲームコントローラー,xbox one,s,x,Android, Windows,pc,コントローラー,weゲームコントローラー,スチームゲーム用コントローラー,2.4g

Xboxの場合、安い非純正のコンローラーが使えるので 急いでがんばって純正コントローラーを修理をする必要性があまりなかったりする。

ちなみにXboxOneコントローラーよりも新しい世代のXbox Series X/S用のXboxワイヤレスコントローラーの場合には、スティックの再調整機能が2024年2月のアップデートから使えるようになっている。だが、ドリフトについては解決できないこともある(?)ようだ。


あと、XboxOne用に使っている初代Eliteコントローラーが最近になって左トリガーがドリフトしてしまってトリガーボタンを押しても動作せず、弾などが撃てなくなってしまった。

設定で直せないか調べてみた。

実際に試してみたところ、XboxOneやXbox Series X/Sの設定で Eliteコントローラーでもスティックやトリガーの設定を弄ることができるようになっている。いつから?
(Eliteコントローラーだけで、XboxOne標準コントローラーだと弄る設定項目が出てこない。)

トリガーの設定で、左トリガーを80までを動作範囲に設定すると、ちゃんとトリガーが使えるようになった。右トリガーもちょっとだけ反応が悪い感じだったので、95までを動作範囲に設定しておいた。

左スティックと右スティックの設定も弄れるのだが、カーブを変更できるだけで、ドリフトは直せない。

カーブの立ち上がり部分を鈍化する設定をしたいのだが、立ち上がり部分はどの設定も同じで、変化させられるのは途中から最後のほうだけだ。

自分の初代Eliteコントローラーはだいぶ長いこと使っているのだが、まだスティックのドリフト故障はしていない。

値段が高いEliteコントローラーのスティックがドリフト故障してしまったらちょっと悲しい。
もしドリフト故障してしまったら、ドリフトしないホールセンサー式のスティック部品に換装する改造をしてしまおうかと考えている。
とりあえず部品だけAliexpressで見つけて注文した。XboxOne用の部品がEliteコントローラに使えるのかどうかちょっとよくわからない。(要調査だ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

1 × = 7