Ogaki Mini Maker Faire 2018に行ってきた

Ogaki Mini Maker Faire 2018に行ってきた。

出展者として参加したのであまり長時間は他の展示を見て回ることができなかったが、一通り回ってきた。
少し前にやっていたNT名古屋とかと被っている展示はあまりしっかりと見ていない。

SEER。



眉毛を眉間側を上下させるだけでなく、眉の左右に捻りを加えて眉の形を変形させて表情を作っているそうだ。

まひろテクノロジーの女の子型のロボットST-00とST-01。

製作に2年も掛かったのだとか。

無造作に散らばったLEDの位置を検出して、動画再生に使う展示。

TENORIONのhack。

PythonでTENORIONを制御している。TENORIONは、MIDIで繋いで表示とか音を出したりとかを制御可能なのだそうだ。

キリン型の高所からの景色を眺めるVR。

THETAとPCを使っている。首の部分はさらにもっと伸びる。

キリンが戦うやつとか、企んでいるメガネ。

サイコロを振るマシンとかNintendo SwitchのNintendo Laboを使った工作とか。

猪対策とか。

大仏のCDプレイヤー。

micro:bitのロボットキットPLEN-bit。

ちょっと値段が高いと思った。

Raspberry Piの展示。


PI-CADEは、実物を見ると欲しくなる。

Seeed。

ReButtonというIoTのキットが参考出品されていたが、AmazonのDASHボタンみたいなものを自作できるのだろうか。

Obniz。

2日目にも見に行ったら、ノートPCでNode-REDみたいなブロックをGUIで組み合わせてプログラムを作るデモをしていた。
開発中で、もうじきリリースするらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

× 5 = 30