software_development」カテゴリーアーカイブ

Maix Bitを手に入れたので、動かしてみた

Maix Bitを手に入れたので、動かしてみた。

この間、マルツに買い物に行ったときに売っていたので購入した。
RISC-Vマイコンボードのキットだ。CPUとかはM5StickVと一緒らしい。

CPUの載った基板と、カメラ、液晶パネルがセットになったキットだ。(CPUボード単品とかで売っているのもあるらしい?)

とりあえず組み立てて動かしてみる。

続きを読む

ESP32SマイコンモジュールのNodeMCU-32SをBluetooth(BLE)のhackに使ってみる

ESP32SマイコンモジュールのNodeMCU-32SをBluetooth(BLE)のhackに使ってみる。

最近いくつかBLEのhackのために試行錯誤していたのだが、それらはあまり良い方法ではなかったようだ。
Windows上でBLE 4.0ドングルを使う → WindowsのBLEのAPIが役立たずで使えない
Pythonのpygatt用にBLED112を使う → Windows上でpygattを動かせたが、C/C++で使うためのライブラリは動かせなかった。自作のソフトを作ってみているのだが、この先は困難そう。
中国製の安いBLE-UARTモジュールを使う → ATコマンドで簡単に使える。しかし、技適の問題があるので使えない。

技適のあるESP32(ESP32S)マイコンの安い中国製のマイコンモジュールを試してみることにした。(ESPマイコンの関係では、最近はM5StackやM5StickCばかり使っていて、ESP32マイコンの他の基板を積んだままにしてた。少し引っ張り出して使ってみることにした。)

まずはESP32Sマイコンのモジュールで、NodeMCU-32Sというのを弄ってる。 ESP32-DevKitCに似た製品だ。

KKHMF ESP32 ESP-32S NodeMCU開発ボード2.4GHz WiFi + Bluetooth デュアルコアCPU低消費電力 「国内配送」 (Amazon)

続きを読む

goで書かれたコマンドラインのtwitterクライアントtwtyを試してみた

goで書かれたコマンドラインのtwitterクライアントtwtyを試してみた。

mattnという方が作ってGitHubで公開しているソフトだ。
GitHub – mattn/twty command-line twitter client written in golang

Windows用のgolangを使ってビルドして実行ファイルtwty.exeを生成した。

続きを読む

WiiリモコンやJoyConをWindows10とBluetoothでペアリングして接続するためのソフト(ライブラリ)「tiny_bd_hid.dll」を公開する

WiiリモコンやJoyConをWindows10とBluetoothでペアリングして接続するためのソフト(ライブラリ)「tiny_bd_hid.dll」を公開する。

ここからダウンロードできる。

WiiリモコンなどのBluetooth HIDデバイスのペアリング処理と接続(HIDサービス起動)処理を簡単に行うためのライブラリとなっている。

これは前に書いたblogエントリで言及していたソフトだ。(なぜいまさらという話も前に書いた。)
前にそのblogエントリを書いたのは去年(2018年)の11月なのだが、その後の今回の公開までだいぶ遅くなってしまった。
久しぶりにWiiリモコンhackを弄っている – WiiリモコンとWindows PCのペアリング問題について

続きを読む

Center CLR Try!開発 #14に行ってきた

Center CLR Try!開発 #14に行ってきた。

もくもく会の方式の勉強会だ。
参加者は自分の好きなテーマを表明して作業する。

自分は、前回はLTEモデムの接続の自動化などをやっていたが、今回は別のテーマだ。
今回は、Bluetooth APIでペアリングとかのAPIを使ってWiiリモコンやNintendo Switch JoyConの接続の自動化などをやることにした。

続きを読む