tabacco_judokitsuen」カテゴリーアーカイブ

満員電車でのコロナウイルス対策

満員電車でのコロナウイルス対策で、車内の空気の入れ替えとかやっているという。
最近、青春18きっぷを使った小旅行をしてJR東海道線に乗車して、そういうアナウンスを聞いた。

しかし、列車内で空気の汚染を感じたので、換気が不十分なのではと感じた。
シートとかつり革とかの消毒は頻繁にはできなさそう。これも不十分なのだと思う。

いっそ噴霧式の薬液を混雑時に車内に空調から噴霧すればいいのに? と思った。
(既に実施してる? 空気の汚染のように感じたのは何かの薬剤が噴霧されてたから?)


飛行機の席でのコロナウイルス感染もあるらしい。
飛行機の前後の席で感染 2人に面識なく会話もなし(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース

満員電車が問題視されないのは、どうしてだろう??


追記

一部の鉄道会社では、噴霧器の設置が行われているようだ。
列車内で新型コロナを殺菌…アルピコ交通が全鉄道車両に次亜塩素酸水の噴霧器を設置 レスポンス(Response.jp)

JRの場合には常時噴霧はせず、人が乗っていないときに薬液を噴きつける作業をしているだけのようだ。
JR西、抗ウイルス液の車両内噴霧を報道公開 6月から在来線約5200両に – 毎日新聞

コロナウイルスによる新型肺炎対策で電車は換気しているらしいのだが、換気が不十分ではないかと感じた

自分は、タバコ副流煙のせいで受動喫煙症を患ってそのせいで化学物質過敏症の症状で苦しんでいる状態だ。

先週の半ば、青春18きっぷを使って日帰りの小旅行に出かけたのだが、このとき朝の電車に乗ったのだが、女性の乗客の香水のせいで過敏症の発作で体調が悪くなってしまった。

少し混んでいるくらいの状態で、数メートル以内くらいの女性の香水がきつく感じて吐き気の手前の胸のむかつきがあり、そのうち気管支のあたりの胸が痛みが生じた。

そのあと20分~30分くらいその状態が続いて、車内かだいぶすいてきて立っている乗客がいなくなり座席も空席があるくらいになり、近くに女性客もいないのにまだ胸の痛みが発生した。残っている空気のせいで発作が起きたのだと思われる。

電車のアナウンスでコロナウイルス対策のため車両内はしっかり換気をしていると言っているのだが、乗客が多いときには十分な換気ができているとは感じられなかった。

GoToトラベルとか、帰省のシーズンがやってくるのだが、混雑した電車は避けたほうがよいのかもしれない。

タバコの受動喫煙症の後遺症の化学物質過敏症の症状で喉が詰まるような異物感と咳やたんが出ていたのだが、蜂蜜を摂取したら劇的に症状が改善された

タバコの受動喫煙症の後遺症の化学物質過敏症の症状で喉が詰まるような異物感と咳やたんが出ていたのだが、蜂蜜を摂取したら劇的に症状が改善された。

トローチがある程度は効果があったのだが、大量に摂取するにはちょっと高価なのと、摂取しすぎると味覚に影響が出てしまっていたので、症状が改善するほどたくさん摂取することができなかった。
タバコの受動喫煙症の症状がつらいのでトローチを大量摂取していたが

昔、喉の調子が悪い時に蜂蜜を摂取して少し楽になったというのがあり、蜂蜜黒酢飲料とか蜂蜜100%の飴とかをこの1年半くらいの間に何度も試していた。しかし、劇的な効果はなかったので、蜂蜜を直接摂取するという方法を失念していた。

最近、100円ショップのダイソーで100g入りの小型容器入りの蜂蜜を売っているのを見つけて、これくらいの安価なら駄目で元々と購入したのだった。

続きを読む

タバコの受動喫煙症の化学物質過敏症の症状に対する対策として窓を開けて換気をするというのがあるのだが、自分の場合には逆効果だった

タバコの受動喫煙症の化学物質過敏症の症状に対する対策として窓を開けて換気をするというのがあるのだが、自分の場合には逆効果だった。

どんな疾病かというと、このあたりが詳しい。
タバコと化学物質過敏症 | 公益社団法人 受動喫煙撲滅機構

対処方法としては、このあたり。
化学物質過敏症の予防・対処法 - 化学物質過敏症支援センター

続きを読む

タバコの受動喫煙症の症状がつらいのでトローチを大量摂取していたが

タバコの受動喫煙症の症状がつらいのでトローチを大量摂取していた。

下の階の住人のタバコの煙のせいで受動喫煙症を煩ってしまって、避難して生活しているのだが、避難先でも受動喫煙症からくる化学物質過敏症のせいで近くのどこかの部屋からタバコの煙が僅かに漏れてくる感じでつらい。

喉の痛みや異物感みたいな違和感があり、呼吸がちょっと苦しい感じになる症状だ。

トローチを摂取すると症状が抑えられる。

続きを読む

下の部屋からのタバコの副流煙の被害に遭って別の場所に一時的に避難して1年経ったが、当分は元の部屋に戻れなさそうだ

下の部屋からのタバコの副流煙の被害に遭って別の場所に一時的に避難して1年経ったが、当分は元の部屋に戻れなさそうだ。

受動喫煙症の急性の症状は避難して低減したのだが、避難先でも真下ではないものの近くにタバコを吸っている住人がいるようで、ずっと慢性的な症状が良くなったり悪くなったりというのを繰り返していた。

続きを読む

加熱式たばこ「アイコス」よりも焼肉から出てくる有害物質のほうが多いらしいので、焼肉店の上の住居は有害物質を受ける量が多いのかもしれない

加熱式たばこ「アイコス」よりも焼肉から出てくる有害物質のほうが多いらしいので、焼肉店の上の住居は有害物質を受ける量が多いのかもしれない。

自分が下の階の住人のタバコのせいで受動喫煙症を患ってしまってから、いろいろとタバコの害について調べていた。
下の階の住人は加熱式タバコに変えたというのだが、害が少ないというのは本当だろうか?

フィリップモリスジャパンの研究結果が発表されている。
加熱式たばこ「アイコス」の非喫煙者への影響は? フィリップ モリス ジャパンが研究結果を発表 – 価格.comマガジン

この中で、最後の方に
”実はアイコス使用中の汚染物質発生量は、「料理中」や「運動中」よりも少ない”
と、書かれている箇所が気になった。

続きを読む