tabacco_judokitsuen」カテゴリーアーカイブ

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その36

部屋の汚染を検知して警告音を出すアラームに使っているセンサーをSGP30という品物に切り替えようとしたのだが、前に使っていたCrowtailのセンサーと同じくらいの値になるように換算する処理がうまくいってなくて低い値しか出ない。

そのため警告音がならなくて、油断して汚染度が高い時間に部屋に12時間ほど留まっていたら、受動喫煙症と過敏症の症状が悪化してしまった。アラームで避難するようにしてからだいぶ良くなってきていたのに。

一度悪化すると、12時間で悪化したものが12時間で回復するわけはなく、数日から数週間は回復に時間がかかりそうだ。

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その35

もう9月になってしまった。

受動喫煙対策でタバコの煙を検知するセンサー作りを8月中にやっていた。
ホルムアルデヒドHCHOなどの揮発性有機化合物VOCを測定するセンサー部品をいろいろと試して、汚染の量を測ったり、汚染が多い場合に避難するためのアラームを作ったりした。

あと、持ち運びできるような計測器を作っていたのだが、センサーとして使っていたBosch BME680のモジュール基板が謎の不調でうまく動いていない。
直し中だ。

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その34

受動喫煙症を患ってしまっていて、タバコの煙以外にも反応して呼吸が苦しくなったりする化学物質過敏症のような症状が出ていて苦しい。

タバコの煙以外で何に反応して苦しくなるのか、いまいちよくわからない。とりあえず、かなり疑わしいものはいくつか挙げられる。

1つは車などの排気ガスだ。原付に乗って交通量の多い場所に行くとつらい。症状がひどいときには、交通量の多い道路のそばの歩道を歩くだけでも辛かったりする。
あと、自動車だけでなく、電車に乗ると苦しくなったりするのもディーゼル列車の排気ガスのせいだと思われる。地方のワンマン車両とかのディーゼル車とか、あるいは電車の区間でもディーゼルの貨物列車が通っていたりして排気ガスが残っているケースがあるのでつらいのだと思う。

もう1つは、消毒薬や洗剤などだ。飲食店で厨房スペースに近い席に居るときに症状が出ることがある。

あと、混雑した電車や大きなデパートなどがつらいことがある。これは原因がよくわからない。女性の香水がつらい場合があるので、香水とか整髪料の香料とかそういうものに反応してしまっているのではないかと思う。

対処方法が無いのが困る。外に出ないで引きこもるくらいしか方法が無い。

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用センサーとして使っているCrowtail HCHO/TVOCセンサーの2つの出力がずれてきている

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用センサーとして使っているCrowtail HCHO/TVOCセンサーの2つの出力がずれてきている。

当初、とりあえずタバコの副流煙に反応するセンサーとしていい具合に使うことができるというのが分かったので、Crowtailのセンサーモジュール(MP503のモジュール)をさらに別のセンサーの性能を調べる場合の基準として使っていた。

そして、複数個(2個)の手持ちがあったので、同時にほかのセンサーを比較する実験を並列で行うために2つめの基準センサーとして使い始めた。実験の効率が2倍になると思ってのことだ。

最終的に、同じセンサー2つを使って部屋の複数の場所の汚染の強弱を比較をするのに使っていた。さらに、リアルタイムに警報音を出すソフトとかの改良をした。

ところが、半月ほど複数のこのセンサーを稼働させたログを取り出して調べてみたところ、片方の出力が落ちているらしいというのに気が付いた。

続きを読む

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その33

いろいろと大気汚染センサーを使った計測機器の自作を進めたいのだが、全然作業が進まない。

今の避難先の部屋について、センサーで計測した結果、ある程度の汚染が発生しているというのが分かり、汚染が強い時間と弱い時間があるようだというのも分かってきた。
大体、夜21時か22時くらいから深夜の2時か3時くらいまでの間が、汚染が少ない時間だ。おそらく階下の住人が寝ているのだろう。
それに合わせて自分も寝るようにして、それ以外の時間にはなるべく外に避難するようにしている。

逆に外で昼に安心して寝られる場所があるのなら、夜にセンサーの自作とかできるのだが、難しいようだ。
昼間に外で電子工作などができるメイカースペースを探した方がよいのかもしれない。

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その32

受動喫煙症の診断書を書いて貰った医者に行ったのは1年前だ。
診断書を貰って、階下の住人にタバコをやめて貰うようにアクションを起こして1年経った。

まさかこんなに問題が長期化し、裁判にまでなるとは思わなかった。

また同じ医者に行って、症状を見て貰って、現状の診断書を書いて貰うことにした。
悪化して化学物質過敏症になったのでは?と聞いてみたが、そこまではいっていないという。

というか化学物質過敏症という診断は難しいらしい。検査でそれを判定するのは日本のどこの医者でもできないだろうという。
症状がよほど酷く、例えばコンビニなどで強い発作で倒れたりするようだとはっきりとそう診断できるのだとか。

コンビニで、というのがちょっと気になった。コンビニって、他の商店に比べて汚染が強い場所なのだろうか?

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その31

階下からのタバコの煙の有害なガスによる被害から逃れるため、大気汚染センサーをArduinoマイコンにつないでいろいろとテストしていた。最近はずっとこんなことをしている。

ここ1週間くらい、非常に暑く、死にそうなくらい猛暑が続いている。
Boschの大気汚染センサーBME680は気温も測定できるので、ログ(記録)を取っているのだが、部屋の気温が40度くらいになっていた。
階下からのタバコの煙の害とは別の理由で外の涼しい喫茶店などに避難をしている。

そして、スマートフォンなどで遠隔で部屋の気温を見て、涼しくなったら部屋に戻るという使い方をしている。

エアコンを使えばいいだろうと思うのだが、部屋を冷やすには部屋の窓を閉め切っておかないといけない。しかし、部屋を閉め切ると階下からのタバコの有害なガスが部屋にこもって汚染数値が極端に上がってしまう。そうするとせっかく冷やした部屋の窓を開放して自分は部屋から避難をしなくてはならない。部屋を冷やしたのに恩恵を受けずに避難するという無駄が発生するのである。

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用のI2C接続のタイプのTVOCセンサーのCCS811を使ってみた

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用のI2C接続のタイプのTVOCセンサーのCCS811を使ってみた。

前に、I2C接続のタイプのTVOCセンサーを手に入れたというblogエントリーを書いたが、その続きだ。

CCS811もBME680SGP30と同様、I2C接続タイプのTVOC(VOC)センサーだ。
TVOCとCO2を測定することができる。

CCS811を搭載したCJMCU-811という品物をAmazonで購入した。

DeeploveUU CJMCU-811 CCS811一酸化炭素CO VOC大気質数値ガスセンサ(Amazon)

続きを読む

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用のI2C接続のタイプのTVOCセンサーのSGP30を使ってみた

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用のI2C接続のタイプのTVOCセンサーのSGP30を使ってみた。

前に、I2C接続のタイプのTVOCセンサーを手に入れたというblogエントリーを書いたが、その続きだ。

SGP30は、 水素H2と、エタノール、TVOC、二酸化炭素eCO2を測定できるセンサーだ。有能だが、他のセンサーに比べてちょっと値段が高い。
Amazonで比較的安いSGP30のブレークアウト基板を注文したのだが、届かなかった。
代わりにちょっと値段が高めのSGP30のセンサーモジュール基板をAmazonで注文して購入した。
CJMCU-30という品物だ。

中国製で、BME680の載ったCJMCU-680と同じメーカーが作っている品物のようだ。

2つは似たような紫色の基板モジュールだ。

Semoic 1個SGP30マルチピクセルガスセンサー屋内空気測定TVOC / eCO2(Amazon)

続きを読む

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用のI2C接続のタイプのTVOCセンサーのBME680を使ってみた

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用のI2C接続のタイプのTVOCセンサーのBME680を使ってみた。

前に、I2C接続のタイプのTVOCセンサーを手に入れたというblogエントリーを書いたが、その続きだ。

BME680というBosch製のセンサーだが、これは大気汚染だけでなく、気温と湿度と気圧も同時に測定ができるという便利なセンサーICだ。
まず最初にストロベリーリナックスというところが出しているブレークアウト基板を入手した。
そのあと、CJMCU-680という名前の中国製のセンサーモジュール基板を試した。
後者は、3,3V電源レギュレータとI2C/SPIバスの電圧変換回路が付いているので、5V駆動のArduinoマイコンなどにそのまま接続して動かすことが可能だ。

超小型圧力CJMCU-680 BME680温湿度圧力センサ(パープル)(Amazon)

続きを読む