カテゴリー別アーカイブ: camera

ミニカーにダミーの全天周カメラっぽいものを付けた

ミニカーにダミーの全天周カメラっぽいものを付けた。

スピードが出ない車なのでとろとろと走っていると、後ろの車はきっと迷惑に思っているのではと、ちょっと気になる。
煽られるようなことは無かったが、ゆっくり走っている必然性というかそういうのが見えるようになっていればいいのかな思った。

例えば、Googleのストリートビュー撮影の車みたいに上に全天周カメラを載せていれば、ゆっくり走っていてもその理由は後ろの車からは一目瞭然だろう。

ということで、ダミーのカメラを付けてみた。見ばえはいまいちな感じだが、カメラが載っているようには見えそうだ。

カシオのQV-10を持っていた

カシオのQV-10を持っていた。

カシオがデジタルカメラ生産終了するというので、思い出して、ちょっと物置部屋のコンテナ箱の山を漁って取り出してみた。

QV-10をMacとつなぐ接続ケーブル&ソフトも出てきた。当時、PC-9801からMac使いになっていた頃だった。DOS/Vに手を出してWindows95に移行しようとしていた。

カシオのテープライターのNAMELANDをPCとつなぐ接続ケーブルとソフトも出てきた。これはハードウェア的にはQV-10の接続ケーブルと同じ仕様なので、QV-10用より安く予備として使うことができた。

ただし、接続ケーブルがあってもQV-10からPC-9801(ノート型)と通信をしたくてもソフトが無かった。出先でノートPC-9801にデータを取り出すためのソフトを自作したいと考えていたのだが仕様が公開されてなかったので出来なかった。

データを簡単に取り出すというのが出来ないため、旅行に持って行っても撮影データがすぐ満杯になってしまったので、旅の途中でカメラロールからいまいちな映りのものを削除してやりくりしていた。
福井に旅行したときなどに使って、家に帰ってからデスクトップ型のMacにデータを取り出して保存していたはずだが、その写真データが見つからない。当時のMacの故障でハードディスクごと飛んでしまったような気がする。写真データのバックアップの重要性を身をもって学んだのだった。


参考
デジタルカメラ生産終了のお知らせ CASIO
カシオ、デジタルカメラの生産終了を発表 – ねとらぼ
世界に自撮りの文化をもたらしたコンデジ神、カシオよ永遠に ギズモード・ジャパン
ASCII.jp:撤退が決まったカシオのデジカメを猫写真で振り返る |荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”

投げるカメラガジェットで放物線の頂点で撮影する方法は

投げるカメラガジェットで放物線の頂点で撮影する方法は、どうやっているのだろうか?

投げるカメラPanonoというのがある。

http://blog.mobilehackerz.jp/2017/01/20360panono.html

20万円の精密機械をぶん投げろ!超絶360度カメラ「Panono」レビュー

上に投げると、放物線の頂点に来た時に360度の全天周パノラマ撮影をしてくれるカメラだ。

放物線の頂点で撮影する方法について疑問に思った。
続きを読む

Eye-Fi終了のお知らせが届いているが

Eye-Fi終了のお知らせが届いている。
Image1

どうやらEye-Fiの古いモデルはサービス打ち切りで使えなくなるのだそうだ。
Eye-Fi旧モデル、サポート終了で無線通信機能が利用不可に。遅くて電池を食うただのSDカードに成り下がる スラド
「あなたの Eye-Fiカードに関する重要なお知らせ」というメールが届いた – 記憶は人なり

クラウドのサーバーを経由して転送する仕組みだったので、そのサーバーの運営を経費削減のために終了させてしまうのだろう。
続きを読む

「脳のなかの幽霊」という本を読んでみた

「脳のなかの幽霊」という本を読んでみた。感想などのメモ。

脳のなかの幽霊 (角川文庫)(Amazon)

この本を読んだのは機械学習で脳についての知識を知っていれば楽しく学習できるのではと思ったからだったりする。
機械学習に関連して、脳の本と人工知能の本を買っている
機械学習だけではなく、VRとか医学的な話でいろいろと思ったことや可能性を感じたとが多かった。
前半部分は読みやすいので前半だけでもお薦めしたい。
続きを読む