断捨離と減量メモ2017 その42

10/16~10/22の分。

断捨離は、先週に引き続き電子部品の詰まったコンテナ箱の中身がいまいち仕分けできていなかったのを少しずつ整理と整頓をしている。マイコンとWiFiをつなぐ部品とかマイコンでリレー制御する部品とか探していたものがだいぶ見つかった。
有線のLAN用の部品でXportというのを買っていたと思ったのだけど見つからない。書いていて思い出したのだが、NintendoDS用に作った自作基板とかと一緒に仕舞ってあったかもしれない。

blog更新とかに使っていたPCが死んでしまって、結局別のPCに環境を作り直している。メールソフトがうまく復旧できず、古いメールはあきらめて新規インストールした。
メールソフトのSPAM判定して仕分けする設定とかやり直した。

減量は、今週もエアロバイクの自転車漕ぎ運動を週3回くらい続けている。
急に寒くなってきているのでちょっとサボりがちだ。

炊飯器でサツマイモ調理するのを試してみる

炊飯器でサツマイモ調理するのを試してみる。

いつもは遠赤外線のオーブントースターで焼いているのだが、炊飯器でも甘いサツマイモ調理ができるらしい。
「さつまいもを炊飯器でほったらかすだけで、しっとりネットリ甘くなる説」徹底検証

甘い品種のサツマイモは、Amazonで紅はるかを5kgまとめ買いで安いものを見つけて購入した。(送料無料のを探した)
続きを読む

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したい – その2 – 土壌湿度センサー

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したいという話の続き。

植木鉢などの中の土の水分の量(湿度)をセンサーで計測したい。
土壌湿度センサー(Soil Moisture sensor)というセンサーを使えばできるようだ。
土壌湿度センサーで安い中華製のものをAmazonで購入した。(他にも同じ製品がいくつかの業者で売られているのがあった。もっと安く買えたのかもしれない。)

Arduino 土壌湿度計 湿度検出 モジュール 土壌 水分 水分センサ モジュール(Amazon)
続きを読む

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したい – その1 – ポンプ

Arduinoで植木鉢などの水やりを自動化したい。

水をバケツか何かの容器に入れておいて、そこから一定量の水をくみ上げて、毎日決まった時間に室内の植木鉢などに水を供給したい。

水をくみ上げるポンプをいくつかAmazonで中華製の安いものを探して買ってみた。

AC100Vで動作するポンプで、大きい方が7Wという仕様のもので、小さい方が3Wという仕様のものだ。
続きを読む

Arduinoとリレー等をシリアル通信で制御するためFirmataを使ってみる

Arduinoとリレー等シリアル通信で制御するためFirmataを使ってみる。

ちょっとポンプを制御したくて、ArduinoにAC100Vを制御するためのリレー制御基板をくっつけて動かすのを試してみている。
この間はリレーシールドというのを別件で試したのだけど、100VをArduinoの基板の近くに流すのはちょっと危ない感じなので、離して使う基板を買ってみた。
(Arduinoシールドでうっかり100Vを短絡させてしまうと、ArduinoやUSBケーブルでつなげたPCまで破壊してしまいそうだ。)

SODIAL(R) リレーモジュール(Amazon)
続きを読む

COMPグミを試してみた

COMPグミを試してみた。

完全色COMPは、普通のやつは粉末状で水に溶かして液体にして飲む。
その手間が面倒という人のためにグミキャンディにしたCOMPグミというのが発売された。
必須栄養素を手軽に摂取 UHA味覚糖とコラボした“完全食”「COMPグミ」発売 – ねとらぼ

リンゴの味とミルクのような味が混ざったような不思議な味がする。
ちょっと固めのグミで、歯ごたえがあって食べている感というか食事の満足感があるかもしれない。
(COMPグミを買ったのはちょっと前なのだが、blogに書き忘れていた)


追記

COMPグミがさらに美味しくなるらしい。

断捨離と減量メモ2017 その41

10/9~10/15の分。

断捨離は、先週に引き続き電子部品の詰まったコンテナ箱の中身がいまいち仕分けできていなかったのを少しずつ整理と整頓をしている。
だいぶ探したのだが、やはりUSBでPCに繋ぐ温度計が見つからない。結局、単品の温度センサーの安いものをAmazonに注文して購入した。
先々週、blog更新などに使っているPCがいきなり起動できなくなって焦っていたのだが、今週また再発し、もう起動できなくなってしまったようだ。
別のPCに環境を移していろいろと復旧中だ。

もう今年も残り10週ちょっとだけなので、頑張って1週に1つコンテナ箱1つ分を減らしたい。

減量は、今週もエアロバイクの自転車漕ぎ運動を週3~4回くらい続けている。
エアロバイクの前にPCとiPad mini2を置いていたのだが、iPad mini2の充電の調子が悪いので、代わりにAmazon Fire HD 10を使うことにする。

iPad mini2は処分してしまうことにする。とりあえずまっさらな状態に初期化した。

Amazon Fireタブレット(第4世代~第6世代)でも音声エージェントAlexaを試せるらしい

Amazon Fireタブレット(第4世代~第6世代)でも音声エージェントAlexaを試せるらしい。

新しいFire HD 10タブレットでAlexaが動くのが話題になっているが、実はFireタブレット(第4世代~第6世代)でも試せるらしい。北米Amazon.comアカウントを設定すればよい。
事実上のAmazon Echoを手に入れた – ITmedia NEWS

ただし、Fire HD 10ではAmazon EchoのようにハンズフリーでAlexaを動作させることができるのに対して、Fire(第4~6世代)では画面のホームボタン(○)を長押して起動しなくてはならない。
FireタブレットがスリープしているときにAlexaが起動というのもFire(第4~6世代)ではできない。

自分の手持ちのFire第5世代でAlexaを試してみたい。(追記 – 試してみた。)

Raspberry Piとかを使って、何らかの起動ワードを認識して、Fire(第5世代)をスリープ解除して、ホームボタンを長押し(長タッチ)して、Alexaを自動起動できないだろうか?
続きを読む