makeというビルドツールで、Makefileを書いてソースコードをビルドするのが好きだった

makeというビルドツールで、Makefileを書いてソースコードをビルドするのが好きだった。

ソースコードの更新された部分からその依存関係を自動で調べて更新すべき部分のみをビルドすることができるという賢い仕組みで、非常に便利だ。

最初にPC-98用のTurbo-Cに付属のmakeに触ったのが使い始めだった。
逆にTurbo-Cの統合環境にはどうも馴染めなかった。
EZ Editorや、VZ Editorに慣れてしまって、それ以外のエディタに馴染めなかったからだと思う。

Makefileの書き方は、MS‐DOSを256倍使うための本で覚えた。

MS‐DOSを256倍使うための本〈Vol.3〉(Amazon)
続きを読む

4Kスマートフォン SONY Xperia Z5 Premiumを手に入れたのだけど、4Kの動画の編集はどうすればよいのだろうか

4Kスマートフォン SONY Xperia Z5 Premiumを手に入れた。

中古の白ロムで安く売っているのを見つけて購入した。
ファームウェアは既にAndroid 6.0にアップデートされた状態だった。
Rimg0002

Android 5.xまでは4K画面にOSが対応してなかったので、Xperia Z5 Premiumはせっかく4K液晶なのにOSで使う殆どの場面がFull-HD(2K)解像度の引き延ばしで、動画再生アプリのみが4K解像度に対応していた。
Android 6.0からはOSから4K対応になっている。
ただし、アプリが対応していないと4Kで動画再生したりゲームのレンダリングが4Kになったりはしない。

実は、まだ4Kの動画再生などを試すことができていない。
プレインストールされていたはずの4Kの動画サンプルが中古のこの端末には入っていなかったからだ。
続きを読む

カレーアレルギーになってしまったかもしれない

ここ3ヶ月くらい、カレーに使うスパイスの1つであるクミンをサプリ的に1日1カプセル飲んでいた。
クミンをカプセルに詰めて飲んでる

しかし最近、謎の腹痛が時々起きるので悩まされていた。
しくしく胃の辺りが痛いレベルの時もあれば、横になってダウンしてしまう時もある。
食後に薬を飲んだ後になるような気がするので、食べ物か飲み薬でのアレルギーで胃が痛くなっているのかと疑っていた。
どうやら食べ物や飲み薬が原因ではなく、クミンが原因のようだ。

前に医者でアレルギーの検査をしたとき、カモガヤ花粉へのアレルギーがあるというのが分かっている。あと軽度のブタクサ花粉へのアレルギーがあるようだ。
コメとキウイとピーナツのアレルギーらしい

カモガヤ,ブタクサなどはイネ科の植物だ。
それに対して、クミンはセリ科の植物なので関係ないのかと思った。

ただ、ネットでスパイスアレルギーについて調べてみると、ブタクサ花粉などのアレルギーのある人がカレーのスパイスに使われているセリ科の植物にもアレルギーが出てしまうということはあるようだ。
スパイスアレルギー

カレー料理などで腹痛が起きた場合、スパイスアレルギーが疑われるようだ。
自分もどうやらこれに該当するようになってしまったようだ。
いままで全然大丈夫だったのに、アレルギーが発症してしまうというパターンだ。

これからはカレーを食べるときに注意しないといけないし、香辛料たっぷりの本格なカレーが食べられないようになるかもしれない。ちょっと寂しい。

断捨離と減量メモ2017 その2

1/9~1/15の分。

断捨離は、先週に引き続き今週もサボってしまった。

減量は、エアロバイク漕ぎをやったのだが、たぶん2日ほどサボってしまったようだ。
筋トレはできていない。

最近、謎の腹痛で悩まされている。
食後に薬を飲んだ後になるような気がするので、食べ物か飲み薬でのアレルギーで胃が痛くなっているのかと疑っている。
当初食べ物のアレルギーを疑っていたのだが、食べ物は特に心当たりになるような痛くなるときに共通して食べているものが無い。

なので、薬かサプリっぽい。
1種類ずつ飲まずに抜いて確かめるというのをやっていた。
強い薬であるサノレックスが怪しいと思って抜いてみたが、関係ないようだ。

自家製のサプリとして飲んでいるカプセル入りのクミンパウダーを抜いてみたが、酷い腹痛はないようだ。
クミンを毎日飲み続けていたら、どうやらアレルギーが出るようになってしまったのかもしれない。

まだ大分クミンが残っているけど、捨ててしまうしかなさそうだ。
カレーを食べても大丈夫なのか、検証しないといけないかも。

クミンを抜いてから一度、水を飲んだ後に腹痛が発生している。すぐにおさまったのだけど、ちょっと胃腸が弱っているのかもしれない。

名古屋でVRハッカソンをやるためのUE4 勉強会 1限目に行ってきた

名古屋でVRハッカソンをやるためのUE4 勉強会 1限目に行ってきた。

名古屋ゲーム制作部というゲーム作りの好きな人が集まっている団体の勉強会だ。
活動場所である名古屋総合市場ビルの一室の広いスペースで開催されている。(スペースの名前はフィーバー柳橋)名古屋駅からはすぐ近くだ。
前にOcufes名古屋をやっていた場所だ。

当日というか前日からは名古屋や岐阜では雪が降っており電車のダイヤが乱れている。
JRで20分遅れで名古屋駅に来た。余裕を持って出掛けて良かった。
ちなみに帰りにはJRの西岐阜で不通になり全線が影響を受けて酷いことになっていた。名鉄への振り替え輸送をやっており、JRでは普通のみの変則な少ない本数の電車の運行をしていた。
20170115_112132
続きを読む

ヨーグルトメーカーで肉を低温調理してみる

ヨーグルトメーカーで肉を低温調理してみる。

最近、温度調節付きの安いヨーグルトメーカーがアイリスオーヤマという会社から出ているので、入手した。
話題のAnovaとかヨーグルティアみたいに肉の低温調理にも使うことができるらしい。
早速、豚肉のブロック肉でチャーシューを低温調理で作るというのを試してみた。

塊の肉だと、中になかなか下味が染みないのが難点だ。
それに、作ったあとで切り分けることになるのだけど、ちょっと面倒な気もする。
前もって切ってある肉ならば味が染みやすいし、食べるのもそのままなので楽じゃないかと思った。

試しに一口サイズの焼き肉用のカルビ肉をスーパーで買って来た。シチュー肉みたいな角切り肉で既にたれに漬かった状態のものだ。
Rimg0001
続きを読む

ラーメンを自作してみる (その4 – かんすい)

ラーメンを自作してみる。という話の続き。

麺を作るために入れた「かんすい」を自作した。

美味しんぼという漫画の単行本38巻にラーメンのエピソードがある。
このエピソードは珍しく取材元がしっかりしていたのか取材に特に力を入れていたのかよく出来ていると思う。(ちょっとトンデモな部分もあるが)

その中の麺の話でもかんすいの話が出てくる。

かんすいの成分として、下記の3種類の成分が配合されている。
・炭酸ナトリウム
・炭酸カリウム
・リン酸化合物(いろいろある)

自分も3種類を実際に購入してみた。
Rimg0000
続きを読む

ラーメンを自作してみる (その3 – 製麺)

ラーメンを自作してみる。という話の続き。
スープと具の話は既に書いた。

麺を作ってみた話を書く。

前にPHILIPSのヌードルメーカーという製麺機を購入して、既に活用している。
PHILIPSヌードルメーカーでラーメンを作ってみた
PHILIPSヌードルメーカーで低糖質の麺類を作ってみた

今回も、低糖質粉を使って麺を作ってみた。太麺にしてみた。
Rimg0020

公式レシピだと、重曹を加えるように書いてあるのだが、重曹の匂いは本来は不要だと、美味しんぼのラーメンの回で出ていた。
自家製の「かんすい」を作って、それを重曹の代わりに用いた。
(かんすいを作った話は次のblogエントリで書く)
続きを読む

ラーメンを自作してみる (その2 – 具、低温調理チャーシュー)

ラーメンを自作してみる。という話の続き。
次は、昨日のスープの話の次なので麺の話と思ったが、ちょっと順番を変えて先に具の話を書く。

最近、温度調節付きの安いヨーグルトメーカーがアイリスオーヤマという会社から出ているので、入手した。
話題のAnovaとかヨーグルティアみたいに肉の低温調理にも使うことができるらしい。
早速、チャーシューを低温調理で作るというのを試してみた。
rimg0027
続きを読む

ラーメンを自作してみる (その1 – スープ)

ラーメンを自作してみる。

作るのは、麺とスープと具の3つだ。

美味しんぼという漫画で、ラーメンを取り上げている回があり、ラーメン三銃士というひょうきんな登場人物が登場して主人公の山岡と協力し、麺とスープと具を作ってライバルと対決するという話だ。

それに倣って、まずはスープを作る。

鶏ガラスープか豚骨スープあたりを作ってみようと、材料を近所で探したのだが鶏ガラを売っている店が近所には見つからなかった。
豚骨は、業務スーパーのアミカという店で1kg284円で売っていた。
20170104_171656
続きを読む