久しぶりにWiiリモコンhackを弄っている – WiiリモコンとWindows PCのペアリング問題について

久しぶりにWiiリモコンhackを弄っている。

Wiiリモコンを分解して、IRセンサーを取り外して残った基板をBluetooth→I2C変換用のモジュールとして利用するというhackだ。

Wiiリモコンhackには1つ問題があり、Windows PCとWiiリモコンをBluetoothでペアリングする手順でトラブってしまうケースが多いということだ。
続きを読む

micro:bitのmicroPythonのi2c.writeの書き方 (TMP102温度センサのモード変更)

micro:bitに接続したTMP102温度センサのモード変更をやってみようとして、microPythonのi2c.writeの書き方でちょっと戸惑ってしまった。
自分がmicroPythonやPythonに不慣れというのもあるが。

TMP102で普通に気温とかの温度を計測するには、TMP102の電源投入後のデフォルトの計測モードのまま使えばよいのでモード変更の必要はない。
その場合、このようなプログラムのコードで計測ができる。

i2c.init(freq=10000, sda=pin20, scl=pin19)
addr = 0x49
i2c.write(addr, b'\x00')
data1, data2 = i2c.read(addr, 2)

続きを読む

部屋の整理とか減量メモ2018 その47

先週~11/25の分。

大垣のミニMaker Faireの出展の電子工作がまだできていなくて、片付けどころか部屋が散らかってきている。
次の週末にはそのイベントも終わって12月に入るので、大掃除的な片付けを進めたい。

階下からのタバコの煙対策、ベランダの農ポリの温室のような空間の状態がいまいちよくない。
どこからこの空間に煙が進入するのか分からず、場当たり的にあちこちと対策をしてみているがいまいち効果が無い。

micro:bitでI2Cの回路を繋ぐためのインターフェース基板を作ってみた

micro:bitでI2Cの回路を繋ぐためのインターフェース基板を作ってみた。

micro:bit用の基板エッジ部分のコネクタをユニバーサル基板に取り付ける方法は」という話の続きだが、前回からだいぶ時間が空いてしまった。

とりあえず、電源の+3VとGNDとI2CのSCLピン(pin19)とSDAピン(pin20)を引っ張り出して、回路外付け用の2.54ピッチのコネクタに配線してみた。
このコネクタにI2C用の温度センサーを繋いで動かしてみる。

続く