投稿者「kako」のアーカイブ

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用センサーをマイコン基板に繋ぐ電子工作をしてみた

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用センサーをマイコン基板に繋ぐ電子工作をしてみた。

どういうセンサーを使えばよいのか、最初は分からなかったので漠然と空気の汚れを検出するセンサーのモジュール基板を探していくつか購入した。

まず購入したのが、「サインスマート TGS2600 ガスセンサー モジュール 空気の汚れ検知」というモジュールだ。

使われているセンサーはフィガロ技研というメーカーのTGS2600という型番のものだ。
TGS2600 【空気の汚れ検知用ガスセンサ】
続きを読む

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その24

携帯式のHCHO/TVOCセンサーというのを試してみたところ、漏れてくるタバコの煙に反応してTVOCの計測値が上がるというのが分かった。
TVOCというのは総揮発性有機化合物量という言葉の略語だ。TotalなVOC(揮発性有機化合物)ということだ。

TVOCセンサーは、特定の揮発性有機化合物を検出するのではなくて広範でいろいろな揮発性有機化合物をいっしょに全部を検出するという性質を持つ。(むしろ特定の物質にフォーカスしたセンサーのほうが技術的には難しく、似たような性質の物質をまとめてセンサーで検出するほうが簡単だと思う。)

携帯式のHCHO/TVOCセンサーは、HCHOセンサーとTVOCセンサーの2つのセンサー部品を内蔵しているようだ。

携帯式センサーのかわりに、Arduinoとかのマイコン基板に接続してデータを測定するための、センサーモジュール基板というのを探していた。そういうのを使えば一日中測定をして記録(ログ)を取って調べることができるし、数値が上昇したときにアラーム音を鳴らして警報することもできる。

もう既にいくつか大気汚染センサーと呼ばれるセンサーモジュール基板を買ってみて、Arduinoに繋いで試してみている。
あとで、大気汚染センサー基板を試してみた話を、blogのこの記事カテゴリの別エントリで書いておくことにする。

昔のホームページの小ネタを blogに書き直す – その23

今週も、1つだけ、書き直しした。

ポケットミクを手に入れたので試してみる

あと少し書き直しが終わったら(というか全然終わりには遠いのだが、あと少し進んだら)、ホームページのtopのindexページと、小ネタページのindexページを書き直そうと思う。
特に後者は、JavaScriptでコードをがりがりと書いて、簡易的なblogみたいな仕組みで記事のデータベース代わりのデータからindexページを動的に生成していた。
Wordpressのblogに完全に移行してしまってからはもう古い小ネタは追加していないので、動的生成する意味が無くなってしまっている。
なので、静的なindexのページに戻してしまおうと思う。

あと、ホームページのtopについても、小ネタの最新記事を表示するのをやめてしまおうと思う。これもJavaScrriptで書いて動的生成していたが、やめてしまってもいいだろう。

その代わりにblog側への導線/動線として、良く読まれた記事とか、お薦め記事とか、お薦めカテゴリーとかを置いておくのがいいかもしれない。

将棋ソフトのCPUが強くて勝てないのだが、将棋のルールで持ち駒が好きな場所に打てるのがそもそもチートすぎる

将棋ソフトのCPUが強くて勝てないのだが、将棋のルールで持ち駒が好きな場所に打てるのがそもそもチートすぎる。

将棋ソフトを手に入れてときどき対局して遊んでいる。
CPUが強くて三段くらいの設定だとなかなか勝てない。
ハンデとして2枚落ち(飛車角落ち)にするとたまに勝てたりする。

勝てる場合は、相手にほとんど持ち駒を与えずに押し切ると勝てるケースが多い感じだ。
相手に持ち駒を渡してしまうと、こちらが先を読めないような嫌らしい手を打たれて形勢が逆転されてしまい、一度形勢が傾くともう勝つことはできない。

将棋のルールで持ち駒が好きな場所に打てるのがそもそもチートすぎる。
取った駒というのは戦争に例えると相手の降伏した兵を、こちらの軍の兵として使うことができるということだ。
持ち駒を盤上に打つというのは、伏兵みたいな感じでその兵が突然に出現するようなものだろう。

しかし、盤の真ん中で取った駒(兵)が、つぎの瞬間に敵陣の奧にワープでもしたかのように出現するというのはチートすぎると思う。
せめて、取った駒は数手先にならないと打てないとか、取った場所の近くにしか打てないとかの制限ルールがあってもいいんじゃないかと思った。

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用の携帯式HCHO/TVOCセンサーを手に入れたのだが、使い方が難しい

タバコの受動喫煙対策で煙の検出用の携帯式HCHO/TVOCセンサーを手に入れたのだが、使い方が難しい。

手に入れてから、しばらく使ってみている。
説明書が中国語なので、読めなくて困った。

似たような機種のAmazonの商品説明で参考になる記述があった。

以下、引用。

1.バッテリーを取り付けます。
2.パワースイッチをオンにすると、検出器が予熱し始め、LEDスクリーンにカウントダウンが表示されます。
3.キャリブレーション:カウントダウンが終了したら、8分間新鮮な空気環境で屋外の検出器を取り出し、ボタンを3秒間押してゼロにキャリブレーションします。較正の後、検出器は使用の準備ができている。
4.検出する星:屋内に持ち帰り、2分以上待って結果を読んでください。
5.検出が終了したら、電源スイッチを切り、十分に保ちます。
a。 HCHO密度が0.10mg / m3以下であれば、空気質が良好であることを意味する。
b。 0.10mg / m3 003cHCHO密度≦0.30mg / m3の場合、表示灯は6回点滅し、空気質が悪いことを意味する。換気するために窓を開けることを提案する。
c。 HCHO密度003e 0.30mg / m3の場合、警報は6回鳴り、空気質が悪いことを意味する。

続きを読む

AmazonベーシックのノートPCスタンド メッシュタイプというのをノートPCの放熱用に手に入れた

AmazonベーシックのノートPCスタンド メッシュタイプというのをノートPCの放熱用に手に入れた。


自分が購入したあと、しばらくして品切れで欠番になってしまったので、追加でもう1個買おうとしてもAmazonに存在しないため検索しても出てこないし、購入履歴から辿ってもその品物は存在しないという表示になってしまっている。
続きを読む

Fire HD 10で、手持ちのKindle本のリスト表示やグリッド表示で未読フィルターを使って未読の本のみ表示させてみたが正しく表示されない

Fire HD 10で、手持ちのKindle本のリスト表示やグリッド表示で未読フィルターを使って未読の本のみ表示させてみたが正しく表示されない。

ファームウェアのバージョンはFire OS 5.6.4.0だ。
どのバージョンから未読フィルター機能が付いたのか、機能が付いていたことに気がついていなかったのでよく分からない。

未読のマンガが多いので、それをピックアップして読もうかと、この機能を使って未読を選んでみた。

しかし、表示される本の数があきらかに少ない。数件しかフィルター後の結果が表示されていない。

続きを読む

PCからの音声でスマートスピーカーを動作させてみる

PCからの音声でスマートスピーカーを動作させてみる。

スマートスピーカーを使っていて、よく使うフレーズがなぜかちゃんと認識されず無視されてしまったり、誤爆してしまったりすることがある。
何度も言い直したり、誤爆したコマンドをキャンセルしたりちょっと面倒だ。

あらかじめよく使うフレーズを、ボタンなどを押したときにPCから再生させてスマートスピーカーを動作させるというのを思いついた。
本末転倒な感じがするが、気にしないことにする。
続きを読む

階下からのタバコの煙への対策 2019 – その23

携帯式のPM2.5センサーを使っていろいろな場所を測って試してみた結果、直接のタバコの煙には強く反応するのだが、階下から漏れてくるタバコの煙にはほとんど反応しないので、別のセンサーを試してみている。

携帯式のHCHO/TVOCセンサーというのを試してみたが、漏れてくるタバコの煙に反応するようだ。ちょっと使い方に難があるけど。
ハンディタイプではなく、Arduinoとかに繋いでずっとログが撮れるようなものが無いか探し中だ。