カテゴリー別アーカイブ: food

フリーズドライの大豆肉を使ったインスタントのスキヤキ牛めしというのを食べてみた

フリーズドライの大豆肉を使ったインスタントのスキヤキ牛めしというのを食べてみた。

大豆ビーフと呼ばれる大豆肉で、原料に牛肉は使われていない。(動物油脂の牛,豚は使われている)
すごくソイレント感がある。

続きを読む

フリーズドライの丼の乾燥食品が意外と食べられる

フリーズドライの丼の乾燥食品が意外と食べられる。

フリーズドライのカツ丼というのがちょっと話題になっているようだ。
凄すぎる…!! 30秒で完成する「カツ丼」が想像以上のクオリティ 男子ハック
湯をかけるとカツが出現!? 話題の“フリーズドライのカツ丼”を食べてみた!
チキンカツの玉子とじ – 【アマノフーズ 公式オンラインショップ】
ちょっと食べてみたくなったのだが、どうも出荷数が少なく、出荷している期間も短いため、入手が困難だ。
発売されたタイミングで、アマノフーズ直営通販や直営店の店頭で買うしかないらしい。

カツ丼は入手できないが、親子丼や牛とじ丼などはAmazonの通販でも入手できるので、そちらをまず試してみた。

アマノフーズ フリーズドライ 丼ぶり 3種類 [ 親子丼 , 中華丼 , 牛とじ丼 ] 各4食合計12食 セット [ フリーズドライ ねぎ 5g 1個付 ](Amazon)
続きを読む

PHILIPSヌードルメーカーでサツマイモ麺の六兵衛を作ってみた

PHILIPSヌードルメーカーでサツマイモ麺の六兵衛を作ってみた。

長崎県の島原地方や対馬の郷土料理で、サツマイモを使った麺料理で六兵衛(ろくべえ)という料理がある。
サツマイモを粉にして保存し、その粉を使った黒っぽいうどんのような麺をだし汁で食べるという料理だ。
六兵衛 – Wikipedia

サツマイモ粉をAmazonで買って、ヌードルメーカーで六兵衛を作ってみた。麺が黒い!

続きを読む

PHILIPSヌードルメーカーでビーフンを作ってみた

PHILIPSヌードルメーカーでビーフンを作ってみた。

ビーフンとは、中国南部の発祥で台湾や東南アジア各国で食べられている米で作った麺で、中国語で米粉と書く。
ビーフン – Wikipedia

現在では米のでんぷん粉だけでなくコーンスターチを加えて作るのが一般的なようだ。

米の粉(上新粉)とコーンスターチで作るのを試してみる。
分量は、上新粉180gとコーンスターチ130gを使った。

続きを読む

PHILIPSヌードルメーカーで盛岡冷麺を作ってみた

PHILIPSヌードルメーカーで盛岡冷麺を作ってみた。

韓国の冷麺の麺とはちょっと違っていて、小麦粉と片栗粉で作る麺で、弾力が強いのが特徴だ。
小麦粉(強力粉)と片栗粉の比率がよく分からない。
とりあえず強力粉と片栗粉の比率は1:2にしてみる。

続きを読む

生そうめんを焼いてベビースターラーメンを自作してみる

生そうめんを焼いてベビースターラーメンを自作してみる。
ヌードルメーカーで生そうめんを作った余りを使ってベビースターラーメンを作ろうと思った。

ベビースターラーメンの材料の麺は、ほぼぼぼ そうめんだという話がある。


ベビースターラーメンの原料がまさかの「ラーメンではない」に衝撃が走る – Togetterまとめ
ベビースターラーメンの原材料の麺は、ほぼ そうめん 聞いて驚く雑学まとめ

>おやつカンパニーの前身の松田産業有限会社は、インスタントラーメンを製造していて
>当時の社長が、麺を製造する過程で出た麺のかけらを捨ててしまうのは勿体ないと味付けして、おやつとして従業員に配った
というのが始まりだという。
もともとはインスタントラーメンから作られていたということだが、ベビースターラーメンとして商品になったときに原料の麺は かんすいを使わない小麦と塩のみのそうめんのような麺になったらしい。
続きを読む

PHILIPSヌードルメーカーで生そうめんを作ってみた

PHILIPSヌードルメーカーで生そうめんを作ってみた。

そうめんは、普通は乾麺で売っているのだが、乾燥させない生麺の状態の生そうめんというのも稀に売っていたりする。前に一度スーパーで売っているのを見かけて買ったことがあった。

ヌードルメーカーを使えば家で生そうめんが作れるかなと思い、実際に試してみた。
続きを読む

カツオの刺身マヨネーズ粉末まぶしを食べてみた

カツオの刺身マヨネーズ粉末まぶしを食べてみた。

美味しんぼという漫画に出てくる料理でカツオの刺身をマヨネーズで食べるというのが出てくる。
毎日のようにカツオを食べるカツオ漁師の間で大流行した食べ方なのだとか。
美味しんぼを検証してみるその4 カツオの刺身にマヨ!? – みつどん曇天日記

また別の美味しんぼの話で、マグロの刺身にきな粉をまぶすという料理が出てくる。
有名な料亭(?)の名物料理で、失敗例として紹介されている。
この料理が作られて不本意にも名物になってしまったいきさつがあるらしい。
マグロのきな粉まぶし:とりあえず、ブログってみますか。。。2.0:So-net blog
> 昔、ある名将と呼ばれる人達の集まりで、「誰も考えつかない奇抜な料理」と
>言うリクエストを料理人に出した。
>敵にも考えつかない奇抜な料理を食べて、敵にも考えつかない作戦で戦いに勝とう!!
>・・・と言う意味での発注だったらしい。

>料理人は悩んだあげく、名将に出した料理がこの「マグロのきな粉まぶし」。
>名将はこれに満足し、縁起担ぎの1品料理として必ず注文したらしい。
>これが他の名将にも受けて、名物料理???になってしまった・・・と言う話。

きな粉は刺身には合わないと思うのだが、マヨネーズの粉末ならひょっとして合うのではないだろうかと思った。
続きを読む