完全食パン(BASE BREAD)を食べてみた

完全食パン(BASE BREAD)を食べてみた。

BASE PASTABASE RAMENのような完全食だ。

4袋購入した。

1袋にはパンが2個入っている。

袋の裏面の表示はこんな感じ。

全粒粉の小麦粉とか、大豆粉、チアシード、海藻粉末などからできている。

とりあえずハムとチーズを挟んで食べてみた。

食べてみたが、少しだけ堅めのパンだが、普通に美味しい。
イングリッシュマフィンにまぶしてある粒々(コーングリッツ)みたいなぷちぷちした食感がパンに混じっている。チアシードの食感だろう。
あと匂いが香ばしくて ちょっときな粉っぽいような独特の風味がある。


そのまま生でも十分に食べられるパンなのだが、電子レンジで少し温めるのが推奨されている。

温めてみた。

温めるとちょっと柔らかくなった。

食べてみたが、すこし柔らかいだけで基本的には美味しさは一緒くらいだ。
堅めのパンを噛んで食べるほうが、「食べてる感」があって自分は温めないほうがよいと思った。
堅いといってもフランスパンほどは堅くないし。


オーブントースターで焼くのも試してみた。

同じようにハムとチーズを挟んで食べてみた。

余熱がチーズがやらわらかく少しとろっとした感じになり、パンの香りもちょっと強くなった。
パンに火を通さないで食べるよりも美味しい。

あと、ホットサンドメーカーで焼いてみた。

プレスして、つぶして焼いた。

圧縮した分、パンの歯ごたえが増して、チーズはさらにとろとろで、かなり美味しい。
美味しさでいえば この食べ方がベストなようだ。
ただし、加熱するとビタミンで熱に弱いものが壊れてしまうので完全食の意味がちょっと減ってしまうだろうから、栄養面で言えば焼かずにちょっと電子レンジで加熱するくらいにとどめておいたほうがよいのだろう。


ハンバーガーにして食べてみたが、これはあまり合わなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.