味を感じる細胞は60歳で半分になるという

味を感じる細胞は60歳で半分になるという。

加齢とともにステーキやハンバーグが以前ほど美味しく感じられなくなった気がする。

たまたまKindleで鈴木みその漫画を読んでいたら、VDT症候群についてのエピソードにちょっとそんなことが書いてあった。

味を判断する味蕾は60歳で半分になっちゃうのだそうだ。

味覚といえば、喉の痛みが酷くてトローチを非常に多く摂取したときに一時的にちょっと味覚障害になった

このときは急に顕著に甘味とかうま味が感じられなくなったので、症状を自覚できた。カレーライスとか食べても妙に塩辛いだけで旨くない状態だった。塩味以外の味覚が一時的に麻痺(?)してしまっていたのだろう。

コロナウイルス新型肺炎の最初のほうの症状として味覚や嗅覚の障害があるらしい。
こちらの味覚障害はさらにもっと顕著で、七味とうがらしの辛味も感じられなくなるほどだとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

− 3 = 5