日本レトロゲーム協会のレトロゲーム博物館計画 資料展示会に行ってきた

日本レトロゲーム協会のレトロゲーム博物館計画 資料展示会に行ってきた。

貴重なレトロゲーム機がたくさん展示されているということなので、行ってみることにした。


名古屋から近鉄の週末フリーパスという切符を使って大阪の鶴橋まで行き、JR線で一旦大阪環状線に出て、天王寺から和歌山方面に向かった。
和歌山県との県境付近の山中渓(やまなかだに)という駅で下車。

山の中の田舎の町を歩いて行く。


徒歩12分くらいで会場に到着した。

見学する。

小さな作業所みたいなスペースにゲーム機を展示する棚がたくさん並んでいる。

「なぜゲームが集まったのか」という話。


理事長がネットが無かった時代に捨てられるゲーム機をあちこちに足で買い集めて倉庫に大量に保管していたということだ。自分もポケコンとか携帯コンピュータを集めたので気持ちはよく分かる。

棚は手作りな感じ。

プレイできるコーナーもある。



「光線銃の歴史」とブロック崩しやピンポンとかの初期のゲーム機の展示。

1977年くらいの初期の貴重なものが多い。







少し後の世代のもある。

ATARIとか。

その他、わりと新しい機種のコーナー。

海外から寄贈されたゲーム機など。

LSIゲーム機など。

一通り見学した。

今後の開催は未定だが、別の場所でやりたいとは考えているそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 × = 32