細根山のオアシスの森に行ってきた (野鳥撮影)

細根山のオアシスの森に野鳥撮影しに行ってきた。



入り口がよく分からなかったが、とりあえず有松駅付近の踏切の道路を北方向に行く。

東陵中前という信号の分岐を左に行き、ちょっと先に天満宮入口という小さな看板が右側にあるので、その小道に入っていく。

民家の間を抜けて、坂を下っていき、畑の脇を抜けると、上り坂になる。

小道をまっすぐ行くと、森の中に道が入って行き、すぐに天満宮の前に着く。

ここが森の入り口で、この先は車両では入れない。

道は左方向にまだ続いていて、そちらが天満宮だ。

天満宮の付近は普通の森で、野鳥の鳴き声がする。

細根天満宮という神社のようだ。

天満宮の側からは山の森に入る入り口は無いみたいだ。

先ほどの入り口から森に入る。
入り口の看板。

山の中は竹林になっていて、通路が整備されている。

竹林の中の坂になった通路を上っていくと、すぐに山の上の広場に着いた。

このあたりはヤブ蚊がたくさん居た。虫除けを持ってくればよかった。

史跡の案内の看板。

山の山頂は、もっと先なのだが、森はこの周辺しか残っていなくて、周囲はほぼ完全に住宅地になってしまっている。

広場は昔は建物があったのだが、今は遺構しか残っていない。

その奥は墓地らしいが、立ち入り禁止のようだ。

広場から北方向と東方向は竹林が途切れ、普通の森になっている。

広場から南方向に道があるので行ってみる。

森の出口/入口の広場に着いた。

すぐそばに大きなマンションが建っている。

こちらの入口は西側の入口よりも整備されている。

こちらから来たほうが中心部まで近くて楽だったみたいだ。天満宮に行って戻って往復するなら歩いてのぼりおりする量は結局は一緒なのだけど。

まむしに注意らしい。

まむしの看板の近くの別ルートで下山する。



基本的にほぼ竹林で、野鳥の鳴き声もなく、野鳥の姿も見られなかった。

ついでに、300メートルくらいの近くの距離に有松天満宮というのがあるので、そちらにも行ってみた。
開発中の住宅街の道路の脇に入口(裏口?)があった。

坂を登って森に入る。

森の中を通っていく。

野鳥が居たので撮影した。

種類はよく分からない。

森の先に広場があり、神社に到着。


由緒。

階段を下りる。

さらに先に降りる階段が続いている。

有松の旧街道に続いているようだ。

結局、あまり野鳥の撮影ができなかった。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.