ARジグソーパズルを作ってみる

ARジグソーパズルを作ってみる。
(元の記事はこちらに書いていたものをblogに書き直ししている)


自作HMD用のアプリケーションで、AR(Augmented Reality, 拡張現実)のマーカーをジグソーパズルにした「ARジグソーパズル」というのを思いついたので、作ってみたいと考えている。(2014-10-16)

まずはマーカーの部分を作る。

(とりあえず、AR用マーカー付きジグソーパズルは作ってみたのだけど、動かすためのソフトはまだ作っていない。)


AR用マーカー付きジグソーパズルの作り方

白紙のジグソーパズルを材料に使う。

36ピース 色紙パズル WP-001 (Amazon)

ARマーカーを紙に印刷し、切り取って両面テープで白紙のジグソーパズルに貼り付けた。

マーカーの画像は、NyARTookKit用に公開されているものをダウンロードして使用した。
NyID Marker Maker http://sixwish.jp/AR/Marker/idMarker/


ARジグソーパズル(AR Jigsaw Puzzle)のソフト作り – 予定

ハコスコ自作HMDなどのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使って、カメラでマーカーを認識して個々のパズルのピースのIDと位置を把握し、ARの画面表示でピースに合わせた表示をするソフトを作りたいと考えている。

ソフトで表示するのは、例えば、

・ピースの嵌まりそうな位置をヒント表示する等、ジグソーパズルの組み立てのアシスト機能が作れそう。

・好きな二次元絵のジグソーパズルとして使うことできると面白そう。

・動画ファイルを使って、アニメーションのジグソーパズルとして使うことができるかも。Kinetic Connection的な。

・3次元物体をバラバラにして組み立てる3Dジグソーパズル(2.5Dジグソーパズル)として使うというのも考えている。
 例えば、ジオラマ的なものとか、レリーフ状のものとか。
 以前に3D立体視動画の15パズルというのを試しに作ってみたことがあるが、立体の断面のCG処理がもっと難しそう。

問題点
・マーカーを一度に沢山処理するのは大変である。そういうAR用toolkit/platformがあまり存在しない。
 QualcommのVuforiaというARプラットフォームは沢山のマーカーを処理できるらしい。
 → ARプラットフォーム「Vuforia」がメガネ型デバイスに対応 – ケータイ Watch
 → VuforiaのARマーカーで100体のARキャラを同時に表示してみた。 – YouTube


追記
ARでジグソーパズルというのは既にあるのではないかと思い、検索してみた。
ARを使ったジグソーパズルはいくつか存在しているようだ。
しかし、各ピースそれぞれを全部ARマーカーにするというのは存在しなさそうだ。
ジグソーパズルもIT化が進んできてる – NAVER まとめ
Augmented reality brings jigsaw puzzles to life
ARオリジナルジグソーパズルのご案内!


追記 (2014-10-17)

ARでジグソーパズルというのは既にあるのではないかと思い、検索してみた。
ARを使ったジグソーパズルはいくつか存在しているようだ。
しかし、各ピースそれぞれを全部ARマーカーにするというのは無さそうだ。
 → ジグソーパズルもIT化が進んできてる – NAVER まとめ
 → Augmented reality brings jigsaw puzzles to life
 → ARオリジナルジグソーパズルのご案内!


つづく
AR用ライブラリArUcoをビルドして動かしてみた (Makefileを書いてビルドした)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

44 − 43 =