ミニカー T-10Gに乗ってみる (まとめ – その1)

ミニカー T-10Gに乗ってみる (まとめ – その1)
(元の記事はこちらに書いていたものをblogに書き直ししている)

タケオカ自動車工芸という会社が作っているT-10Gというミニカーを購入してみた。(2014-08-05)


ミニカーとは

オモチャのミニカーのことではなく、原付50ccの小型の自動車のことである。
Link: ミニカー (車両) – Wikipedia

 原付以上、軽自動車未満のスキマに位置する乗り物で以下のような特徴がある。

 主にコストの面でメリットがある。
 ・取得税は無く、重量税などは原付並の安い維持費で済む
 ・車庫証明は不要
 ・車検も不要
 ・燃費が原付並に安い
  (実際にT-10Gの燃費を計ってみたところ、29.58km/Lくらいだった。)

 制限もいくつかある。
 ・50ccの出力なので非力
 ・普通自動車運転免許が必要
 ・速度制限は時速60km

 前にATV50というバギータイプのミニカーを購入して乗っていたことがある。あと、ジャイロキャノピー改造車とか。

 最近はEVタイプのミニカーのcomsやi-ROADなどが発売されてたり、話題になっている。
 これらにも興味があったのだけど、借りている駐車場で電気を充電することができないので、EVタイプはあきらめた。


外観


左側のVitzと比べるとT-10Gがかなり小さいというのが分かるだろうか。


後ろ側


側面

 遠目に見ると小さいけど普通の乗用車っぽく見える。
 間近で見ると車体が樹脂製で少し張りぼてっぽい感じがする。

 運転席ドアと後部窓と給油口ドアに鍵が付いている。
 エンジンキーとは別になっており、合計3本の鍵が必要となっている。ちょっとダサい仕様だ。


内装


内装はかなり安っぽい。
特に、テプラ表示がダサいと思う。


車体の樹脂の内側がデコボコしているのが剥き出しになっていたりする。


横の窓がアクリル板工作でできている。
取っ手部分が接着してある所がちょっと残念な感じに見える。周辺も仕上げが雑な気がする。


運転席から後ろを見るとこんな感じになっている。


ドアの立て付けが少し悪い感じ。
蝶番のネジを増し締めすればいいと言われたが、あまり変わらない気がする。


不具合について

納車以来、いくつか不具合が出ている。

・不具合1
 納車初日、いきなりスピードメーターが動かなくなった。

 購入した代理店(とあるススギ自動車店)の人がメーカーと連絡を取って対応してくれた。
 原因は、エンジンから回転をメーター部分に伝達するワイヤーの取り付け不良で、鋭角にワイヤーを曲げて取り付けてあったため、その部分でワイヤーが断裂してしまったとのこと。
 数日後、部品の交換と取り付け角度の調節を代理店の人が対応した。
 菓子折を持ってきて謝罪された。

・不具合2
 3週間くらいして、また不具合に気がついた。
 夏場で雨が降らなかったので気がつかなかったが、ワイパーがうまく動かない。
 また、フロントガラスの下側から雨漏りして車内のダッシュボード上に水が垂れている。


あと、内装の化粧板が剥がれてめくれてきた。


 連絡した翌週、タケオカ自動車の人が出張で修理に来てくれた。

・不具合3
 2ヶ月と少し経過し、突然エンジンが掛からなくなった。
 連絡したところ、最初はバッテリーが放電しただけだろうから、充電してくれと言われた。
 充電して駄目だったのでまた連絡して、翌日の回答で次はスターター用のリレーの故障と言われた。
 そして、部品を送るから自分で取り替えるようにと言われた。
 対応がぞんざいになっている気がする。

 2日後、部品が届いたので自分で修理してみた。(2~3日後に車で出かける用事があったので急いで直したかった)


 リレーは車に下側にゴムのチューブで包んでフレームにロックタイで固定してあった。
 ゴムを外すと中から水が出てきた。


 中のリレーは錆びていた。


 端子も腐食している。
 リレー側のバッテリーからの電源線の+と-の端子が水でショートしてしまっていたようだ。


 リレー自体も故障してしまっている。
 新しいリレー部品に交換して、取り付け直した。
 そのまま同じように取り付けるとまた水が入って故障すると予想されるので、防水用にホームセンターで材料を買ってきて、工夫して取り付けた。(費用は持ち出し)

・不具合4
 車体右側の後ろ側の窓が外れた。

 ちょっとよろけて手をついて窓のところを押してしまったら簡単に外れてしまった。
 そんなに大きな力を掛けてないのだけど。
 車のガラス修理屋で直して貰った。(費用は持ち出し)
 こんなに簡単に窓が外れてしまうのだと、このミニカーのドアの鍵は意味が無い気がする。


不具合というほどでもないけど、気になっている点

・エンジン音が車内に響いてうるさい。
・乗っているとエンジンの熱で車体の樹脂が熱せられる部分があるらしく、樹脂を火であぶったような車内で匂いがする。
・方向指示器を出しているとき、ピーピーと音が出るのだけど、音量が大きく尖った音なので非常にうるさく感じる。
・夜、スピードメーターが光っているのがフロントガラスに写り込む。
・燃料タンクの蓋がうまくしまらない。

タンクの蓋については、連絡をしたほうがよいかもしれない。


アクセサリー電源がない件

 注文時にオプションで言われなかったので付けなかったそうだ。(そんなオプションの存在を提示されなかったが。)
 追加部品を送るから自分で取り付けてくれと言われた。
 そして、なかなか部品は送られてこなかった。2ヶ月目にやっと送られてきた。
 まだ取り付けていない。
 これを取り付けて不具合が出たらというおそれもある。


時計を取り付けた


 電池で動く電波時計式の時計をスマートフォンフォルダーを使って固定した。


太陽電池とバッテリーを積んでみた



 後部の荷物スペースに太陽電池パネルSL-P28を積んで、釣り用バッテリーに充電している。
 アクセサリー電源の代わりに使うつもりだ。

 本当はもっと大きなバッテリーを使うつもりで、太陽電池パネルのメーカー(クマザキエイム)の純正のSL-200というバッテリーを買って試した。
 しかし、夕方とか暗くなったときに充電がオフにならずに制御回路が電池を食っていて繋ぎっぱなしだと何日経っても電池が空なままになってしまった。
 メーカーにも相談したけど、曇りだったり夕方で暗くなったら取り外して充電をやめるようにということだった。
 充電しているあいだ一日中見張っているわけにもいかないので使い物にならないと思った。
 仕方が無いのでAmazonの返品制度でユーザー都合で返品をした。


扇風機を取り付けた


 夏は車内が異常に暑い。
 扇風機を取り付けた。
 電源は上記のバッテリーから取っている。


しばらく乗ってみた感想 (2014-10-21)

・エンジンの出力が弱いので加速が悪い。上り坂では速度が20km/hくらいまでしか出ない感じ。
・乗り心地は普通の自動車に比べて悪い。サスペンションとか無いので仕方が無いが。
・エアコンが無いので、夏はかなり車内が暑くなって厳しい。おそらく冬の寒さもつらくなりそうな予感がする。
・不具合が多い。対応も良くないと感じた。例えば、急にブレーキが壊れて事故が起きたとしたら普通の自動車ならメーカーの責任問題になると思う。このミニカーの場合もしもそういう故障で事故が起きたとしても責任がどうなるのか不安に感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

80 − 76 =