コロナウイルスによる新型肺炎対策で電車は換気しているらしいのだが、換気が不十分ではないかと感じた

自分は、タバコ副流煙のせいで受動喫煙症を患ってそのせいで化学物質過敏症の症状で苦しんでいる状態だ。

先週の半ば、青春18きっぷを使って日帰りの小旅行に出かけたのだが、このとき朝の電車に乗ったのだが、女性の乗客の香水のせいで過敏症の発作で体調が悪くなってしまった。

少し混んでいるくらいの状態で、数メートル以内くらいの女性の香水がきつく感じて吐き気の手前の胸のむかつきがあり、そのうち気管支のあたりの胸が痛みが生じた。

そのあと20分~30分くらいその状態が続いて、車内かだいぶすいてきて立っている乗客がいなくなり座席も空席があるくらいになり、近くに女性客もいないのにまだ胸の痛みが発生した。残っている空気のせいで発作が起きたのだと思われる。

電車のアナウンスでコロナウイルス対策のため車両内はしっかり換気をしていると言っているのだが、乗客が多いときには十分な換気ができているとは感じられなかった。

GoToトラベルとか、帰省のシーズンがやってくるのだが、混雑した電車は避けたほうがよいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.