「d Wi-Fi」のはじめかたが分かりにくかったのだが、接続することができた

「d Wi-Fi」のはじめかたが分かりにくかったのだが、接続することができた。

dポイントクラブというドコモの無料のサービスのアカウント登録をすると、公衆無線LANサービスの「d Wi-Fi」を無料で使うことができるようになる。
無料で使えてエリアも広い。ドコモの無線LAN「d Wi-Fi」が便利-Impress Watch
[「d Wi-Fi」のはじめかた] 「docomo Wi-Fi」終了、新サービスはどう使う? – ケータイ Watch

さっそく、dポイントクラブに登録してみた。
登録にはdアカウント作成が必要だが、自分は以前にdデリバリーとかのサービスを使うためにアカウントを作っていた。(ドコモのスマートフォンを契約しなくてもdアカウントは作成ができる。)

自動で接続するための「dアカウント設定」アプリをiPhoneに入れてみた。

アプリのバージョンは25.0.0だ。

しかし、アプリからd WiFiの設定ができない。

iPhoneで自分が使っているSIMはDMM mobileのSIMだ。ドコモのSIMではないのだが、ドコモ系MVNO SIMらしい。

なぜかドコモSIMだと誤判定されてしまっているらしい。
その場合、メニューにd Wi-Fiが出てこない。

アプリのヘルプを見ると設定が出るらしいのだが、なぜか出てこない。

アプリにd WiFiのメニューが出てこないので設定ができない。

仕方が無いので、PCからWebでアクセスしてd Wi-Fiの設定をした。


実際にアクセスポイントのあるコンビニに行き、接続を試してみた。

iPhoneのWiFiの接続メニューを開くと、docomo0000というアクセスポイントと、docomo0001というアクセスポイントが出てくる。

docomo0001というアクセスポイントには自動で接続されるらしいのだが、どうやっても自動で繋がらない。

docomo0000というアクセスポイントには、接続キー(パスワード)を入力すると接続できる。接続キーはあらかじめwebでd Wi-Fiの設定のページで確認済みのものを使う。

接続をしようとすると、iPhoneのブラウザ(Safari)が起動し、ログインページが表示された。
ログインページでは、dアカウントと「d Wi-Fiパスワード」を入力する。
d Wi-Fiパスワードは、あらかじめwebでd Wi-Fiの設定で自分で入力しておいたパスワードを入れる必要がある。(2つパスワードがあるのが紛らわしいので注意。)

このログインは初回だけで、次回からは不要だ。

d Wi-Fiパスワードの関係のwebの設定画面とか確認画面が分かりにくい作りになっているので、苦労した。

結局、dアカウント設定アプリは使わなくてもよいようだ。


あと、ドコモ端末のdtab compact d-01Jというタブレット機でも試してみた。
SIMはDMM mobileのSIMだ。

まず、dアカウント設定アプリを入れようとしたのだが、対応してない機種だと表示されてインストールできない。

dアカウント設定アプリはインストールせず、普通にdocomo0000というアクセスポイントに接続をしようとすると、先ほどのiPhoneでの手順と同様にパスワード入力とログイン画面でdアカウント名と接続パスワードを入力することで、無事に接続できた。


結論としては、
・docomo0001というアクセスポイントはドコモ系MVNO SIMの場合には利用できない。
・docomo0000というアクセスポイントは、手動でパスワード入力と接続パスワードを入力することで利用できる。面倒な入力は初回だけ。
・ただし、パスワードと接続パスワードの2つについてはwebで設定/確認しておく必要がある。
・dアカウント設定アプリはdocomo0000を使うだけなら特に必要ないので、入れなくてもよい。
ということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

48 + = 54