小型電子レンジiWaveCube(米国製)にAC120Vトランスを使う

去年、小型の電子レンジをアメリカから買ったのだけど、加熱スタートしないことが多いという不安定な状態だった。
電子レンジでごはんを炊いてみる – その3 小型携帯電子レンジiWaveCube
AC100VからAC120Vに昇圧するトランス(トランスフォーマー)というのを入手して試したら、安定して普通に使えるようになった。
Img_3137
日章工業 トランスフォーマSKシリーズ(電圧アップ・ダウン両用タイプ)AC120V⇔AC100V550W SK-550U(Amazon)

このトランスはアップダウン両用で、今回は日本の電源AC100V(60Hz)からアメリカの電化製品用にAC120V(60Hz)に変換するために昇圧にスイッチを設定して接続した。
Img_3135
それまで、加熱をスタートボタンでスタートさせると始動時に5秒くらいでリセットが掛かったように止まってしまうという現象が頻繁に起こっていたのが、トランスのおかげでまったく発生せず安定して使えるようになった。

この電子レンジの出力のワット数は弱いので、結局この電子レンジは調理などにはあまり使わず予備として使っている。
飲み物をちょっと温めるたりするために居間に置くのがよさそうだ。

改造してスマートフォンから操作できるようにできないだろうか? スマホレンジ(仮)とか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

9 + 1 =