無印良品のチリコンカンで、チリコンカン丼を作ってみた

無印良品のチリコンカンで、チリコンカン丼を作ってみた。

ごはんにかけるチリコンカンという商品だ。

「どんぶりのもと」と書いてある。

チリコンカンって、そういう料理だったっけ、と調べてみた。
チリコンカーン – Wikipedia

メキシコ発祥の料理で、アメリカ南部でポピュラーなメキシコ風アメリカ料理となっている。
トルティーアと食べるのが普通らしい。


挽肉と豆とレッドチリパウダーとかの香辛料を煮たものなので、食べ方としては広義のカレーみたいな感じに取り扱うのが日本風なのかもしれない。

ごはんにかけて、チリコンカン丼にしてみた。

食べてみた。

挽肉や野菜が原型を留めて無くて、溶けてしまっているようだ。
挽肉入りのカレーみたいなのを期待したのだが、ちょっと違ったようだ。

具として豆がごろごろと入っていて食べ応えはある。
見た目は豆が入ったインド風カレーみたいなのだが、味は唐辛子の辛さがメインでシンプル過ぎる感じ。辛さも控えめでちょっと物足りない。

無印良品のカレーはすごく美味しいのに、チリコンカンはいまいちだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

69 − = 59