ファミコンのディスクシステムが、ファミコン互換機の手持ちのもので動くかどうかいくつか試してみた

ファミコンのディスクシステムが、ファミコン互換機の手持ちのもので動くかどうかいくつか試してみた。

まず、ふぁみ魂家郎Vol.3という互換機を試した。

そのままだと筐体ケースの外装部分が干渉して挿さらないので、分解してケースの上半分を外した状態で動かした。

最初の画面が出るところまでは確認できた。

(追記 – FDSKEYというのを使ってゲームを起動するのも後日確認できた。)

あと、もう1台ファミコン互換機を持っていたのだが、ファミコンカートリッジのROM読み出し機に改造してしまっていた。

あと他に、ゲームボーイアドバンスとかニンテンドーDS Liteに繋げるタイプのファミコン互換機も持っている。
ファミバンスとかファミレーターLiteという商品名の製品だ。

これも筐体が干渉してうまく挿さらない。

なので、RAMアダプタ部分の筐体ケースを分解して下半分を取り外した状態で挿してみた。

これも最初のロゴ画面が出るところまでは確認できた。
ただし、BIOSバージョンを確認するためにRAMアダプタのROMチェック画面を出そうとしたら、できなかった。
なんらかの非互換があるのだろうか?

(追記 – ファミバンスとFDSKEYの組み合わせは試していないので、後でまた試してみようと思う。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 + 2 =