Amazon Fire TVを使ってみる

Amazon Fire TVを使ってみる。
(元の記事はこちらに書いていたものをblogに書き直ししている)

Amazon Fire TV(北米版)を海外のネットオークションを使って手に入れた。試してみる。(2014-04-13)


Amazon Fire TVを買うと、本体とリモコンとACアダプタが付いてくる。

HDMIでテレビ/モニタに接続して使う。
オーディオ出力はHDMIか光出力しかないので注意。

ネットワークは有線かWiFiで接続できるが、技適の問題があるのでWiFiを使わずに有線で接続した方がよさそう。
リモコンはBluetoothの電波式なので、これも技適の問題がある。こちらはPC用のUSBキーボードで代用可能(後述)

(1) 初期設定
ネットワークに接続すると、Amazonのアカウントを聞いてくる。
北米Amazon.comのアカウントを入力した。(普通に日本の住所と日本のクレジットカードでアカウントを作れる)
アカウントを設定すると、チュートリアルの動画が流れた。

Amazon Primeの1ヶ月間の無料トライアルを使うかどうか聞いてきたので、つい申し込んでしまった。

(2) 映画、TV番組の視聴
Amazon Primeでかなりの量の映画とかTV番組が無料で視聴できるというので、試してみる。
しかし、映画やTV番組を再生しようとすると、地域制限で再生できないというような表示が出た。

やはり日本からはAmazon.comの映画やTV番組の視聴ができないうようだ。

予告編のTrailer動画については再生できた。

Amazon Primeお試しを申し込んでしまったのだけど、結局映画とかTV番組のコンテンツは日本からは再生できないので、解除する。
放っておくと年99ドルの有料のAmazon Primeに移行してしまうので、ちゃんとしないといけない。
Amazon Fire TV上から解除するの方法がわからなかったので、PCからwebでお試しの延長しない設定をした。

(3) ゲーム
Amazon Fire TV、ゲームアプリはダウンロードして遊ぶことができる。

Reptide GP2という水上バイクレースゲームで遊んでみた。

ゲームパッドがないのだけど、標準のリモコンでも遊ぶことができる。リモコンは光学式ではなくてBluetoothだからゲームにも十分使えるようだ。Wiiリモコンみたいな感じか。

USBポートにPC用のゲームパッドを接続すれば認識され使えるっぽい。デジタルの方向パッドやアナログの左スティックでメニューのカーソルは動かせる。しかし、トリガーボタンがまったく反応せず決定とかできない。
Dual Shock4も試したらこっちは四角ボタンで決定とかできるようだ。

まだゲームソフトは少ないが、そのかわり今出ている物は無料のものが多い。

有料のゲームもあるのだけど、日本から購入できるのだろうか? 試してみる。
(あるいはAmazon Coinというのでも購入できるらしいのだけど、日本からはAmazon Coinを入手できないようだ。)
とりあえず有料のゲームでTerrariaというのをダウンロード購入してみる。価格は$4.99だ。

無事、購入することができた。(前にこのゲームは北米PSNでPLAYSTATION3版を買ってるからダブってしまった。)
Terrariaを起動してみると、このゲームパッド必須なので、ゲームパッドが無いと起動時に警告が出る。

Dual Shock4を繋ぐと誤魔化せるようだ。

しかし、方向入力以外の操作が全滅で遊ぶのは無理だった。
やはり純正のゲームパッドを買わないといけないようだ。

(4) ゲーム以外のアプリ
NetflixとかHuluとかのアプリはやはり日本からは使えなさそう。
PANDORAも駄目だった。
BloombergTVというアプリは日本からでもニュース動画は再生することができた。いいね。

あと、インターネットブラウザは入っていないようだ。

(5) リモコンの使い勝手
純正リモコンの検索機能を試してみてるけど、音声検索はまあ良さそうな感じ。
ただ、検索対象を映画とかアプリとか絞れないせいで、ゲームアプリ探しには向いてないのかも。
テキスト検索はリモコンで文字入力するのが苦痛で使いにくい。

(6) USBキーボード、マウス
PC用のUSBキーボードを接続すると使うことができる。
カーソルキーとEnterキー、Escキーで基本操作ができる。
検索機能ではキーボードでアルファベットもちゃんと入力できる。
ゲームはキーボード操作は対応していないようだ。

マウスも接続すると認識する。マウスカーソルではなく、丸いスポットが表示される。
右クリックで画面上のボタンとかはタッチできるが、大半のメニュー操作がマウスに反応しないので使い物にならない。

(7) OS
OSは、Androidベースらしい?

ADBでデバッグモードとかも備えている。

まとめ

AppleTVに近い競合するライバル商品だと感じた。

映画とかTV番組の視聴デバイスとしては優秀だし、さらにそれに加えてゲームの市場に切り込んでいくための準備もばっちりに感じられる。

とりあえず映画とかTV番組が日本からは使えないけど、ゲームはいけるのでゲーム機として使うことができる。

Amazon Fire TV用に無料のゲームとか増えそうな予感。(AmazonのAndroidストアは日替わり無料アプリ/ゲームがあるので)

ゲームパッドなしでリモコンで遊べるゲームもあるが、純正ゲームパッドを入手したほうがよさそう。

追記:
 blogに追記を書いている。
 http://www.kako.com/blog/?s=Amazon+Fire+TV

NYKOゲームパッドを入手した
 → Amazon Fire TV用にNYKOゲームパッドを入手した

追記
 Amazon FireTV stickも試してみた。
 → Amazon FireTV stickを使ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

− 1 = 4