SwiftのUbuntu版を試してみる

SwiftのUbuntu版を試してみている。

公式サイトSwift.orgのダウンロードページでUbuntu版のバイナリがダウンロードできる。
Swift.org – Download Swift
Swift.org – Getting Started ・・・ インストール方法

Swiftのバージョン3.0をWindows PC上の仮想環境のUbuntu 14.04LTSに入れてみた。
screen1

あと、Windows10のbash/UbuntuもいまのところUbuntu 14.04LTSなので入れてみた。
screen2
コマンドライン動作はするのだが、REPLという対話モードが動かない。

ライブラリとかはMac用のCocoa/AppKitみたいなのは入っていないので使うことはできない。
Foundationライブラリは入っているので、NSDateとかは使うことができた。

import Foundation
let dat1=NSDate()
print(dat1)

glibcを使うこともできる。
import Glibcと書けばラッパー(?)みたいなのを使って呼び出しできる。
例えば、

import Glibc

puts("test")
let str1="hello"
puts("\\ \(str1)/ //")

system("ls -la")

という書き方ができる。

うまくやれば、OpenCVとかQtとかも使えるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

28 − = 27