フリーズドライの丼の乾燥食品が意外と食べられる

フリーズドライの丼の乾燥食品が意外と食べられる。

フリーズドライのカツ丼というのがちょっと話題になっているようだ。
凄すぎる…!! 30秒で完成する「カツ丼」が想像以上のクオリティ 男子ハック
湯をかけるとカツが出現!? 話題の“フリーズドライのカツ丼”を食べてみた!
チキンカツの玉子とじ – 【アマノフーズ 公式オンラインショップ】
ちょっと食べてみたくなったのだが、どうも出荷数が少なく、出荷している期間も短いため、入手が困難だ。
発売されたタイミングで、アマノフーズ直営通販や直営店の店頭で買うしかないらしい。

カツ丼は入手できないが、親子丼や牛とじ丼などはAmazonの通販でも入手できるので、そちらをまず試してみた。

アマノフーズ フリーズドライ 丼ぶり 3種類 [ 親子丼 , 中華丼 , 牛とじ丼 ] 各4食合計12食 セット [ フリーズドライ ねぎ 5g 1個付 ](Amazon)

親子丼×2と中華丼と牛とじ丼の合計4つが1箱に入っていた。
それぞれ食べてみた。

親子丼の素にお湯を注いでみた。

ご飯にかけてミニ丼にして食べる。

普通に親子丼として美味しい。
ただ卵は半熟ではなく、かき玉のような状態なので、インスタント食品っぽい感じはする。

牛とじ丼の素も同様に作ってみた。


親子丼と似ているが肉が牛肉だ。
ただ、牛肉があまりやわらかく戻ってないので、ちょっと固い。

中華丼もお湯を注いで作ってみた。

ちょっと手元が狂って少し多めにお湯を注いでしまった。

野菜中心の丼で、ちょっと物足りない感じがする。海老が開いた薄い状態なのが違和感がある。

この中では親子丼が一番美味しかった。


追記

カツカレーというのもあるらしい。
新調理法!お湯を注ぐだけのカツカレー『チキンカツカレー』新登場

試しに買ってみた。
ついでにお湯でもどす白米(アルファ化米)も買ってみた。

中身を皿に出すとこんな感じだ。

白米はお湯を入れて15分くらいで完成。そのあとカツカレーにお湯を掛けた。

カレーのルーの部分をスプーンで混ぜてどろどろな状態にする。混ぜるときにカツの衣が少し崩れてしまった。お湯を掛けて1分で食べられるようだ。

ライスにカツカレーを掛けて完成。

ちょっとライスが硬めだが、ふつうにカレーライスだ。
フリーズドライのチキンカツはちょっと柔らかい。
すごくカツカレー感がある。

日清食品でカレーメシというインスタントのカレーライス風の食品があるのだが、そちらはどちらかというとカレーおじやみたいな感じだった。
やはり、白米とカレーを別々にお湯で戻すというのが重要だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

+ 35 = 37