Bluetooth接続スマートLED電球を手に入れた

Bluetooth接続スマートLED電球を手に入れた。
上海問屋で売っているDN-11043という型番の製品だ。
Rimg0001
似たようなBluetoothスマートLED電球Tabu Lumenという製品よりも安かった。
【日本正規代理店品・保証付】Tabu Lumen スマートLED電球 Bluetooth SMART (Bluetooth 4.0) 対応 LDA6-E26-LUMEN(Amazon)

iPhone/iPadにNexturnというアプリを入れてBluetooth接続で制御することができる。(この電球は、Nexturnの製品とOEM元が一緒?)
説明書には、最初にBluetooth設定画面からペアリングするようにと書いてあるが、特にペアリングをする必要は無い。ペアリング対象として表示されない。
ひょっとすると、これはBLE(Bluetooth LowEnergy)のデバイスなのかもしれない。

Rimg0002
カラーLED電球としては優秀で、hueよりも青色が明るいため色空間が広い気がする。
ただ、アプリでの色設定の階調の設定画面からは細かい設定ができない。
三原色のカラー円を使って色指定をするのだけど、おおまかにしか色が切り替わってくれない。
そのため微妙な色を出力することができなかった。

hackして細かい数字を指定すれば可能になるのだろうか?

hackの事例はネットで検索したらいくつか見つかった。
BLE – スマートLED電球をiOSから制御してクリスマスな雰囲気を演出する – Qiita
上海問屋のBluetooth LED電球をPC(Ubuntu,bluez,python)から操作する

Windows PCでBLEデバイスを制御するにはどうするのがよいのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

45 + = 47