メガネ形の簡易AR HMDを作ってみる (その6 LEDのマトリクス基板を左右に増やした)

メガネ形の簡易AR HMDを作ってみる、という話の続き。

片目だけLED表示するのでは見づらいということが分かってきたので、LED表示部を両目に増やす改造をして、作り直してみた。

作っている途中はこんな感じだった。

LEDマトリクス制御用のドライバ基板も追加したのだけど、不良品らしき品物に当たってしまってトラブルシュートに余計に時間を取られてしまった。
Adafruitの16×8 LED matrix driver module(HT16K33 breakout)を使おうとして落とし穴にハマった

ぎりぎりに完成して動かすことができた。
Ogaki Mini Maker Faire 2018に持って行く予定だ。
Ogaki Mini Maker Faire 2018 に出展してます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

3 × = 12