モバイルバッテリーを4つ直列つなぎで5V×4で20Vを作って実験していたら、1つ壊れてしまった – その2

モバイルバッテリーを4つ直列つなぎで5V×4で20Vを作って実験していたら、1つ壊れてしまった、という話の続き。

さらにもう1つの大容量モバイルバッテリーも調子が悪くなってしまっているようだ。

残量表示のインジケータの表示が点灯せず、ボタンを長押ししてもLED懐中電灯モードにならない。
USBケーブルでmicroUSB接続のスマートフォンなどを繋いで給電すると5Vが出てくるので、そこまでの故障していないのかと最初は思った。
しかし、LightningケーブルでiPhoneを繋いだ場合に反応せず、5Vが出ない。

microUSBケーブルだと5Vは出ているので、しばらく放電させてみたら、残量が残りわずかな状態で1/4のLED表示が点滅するようになった。
そして、ボタン長押しで反応してLED懐中電灯モードにも移行するようになった。
そしてiPhoneにもLightningケーブルで使えるようになった。

どうやら復活したようだ。


追記

復活したのかと思ったが、ひとつ困った症状が出ている。充電に異常に時間が掛かるようになってしまった。1日充電器用のUSB用電源アダプタに繋いでおいてもインジケーターの半分くらいまでしか充電できていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

− 2 = 4