タバコの副流煙が階下から漏れてくる問題は被害が顕在化していないのだが、例えば大麻を解禁したら問題が健在化すると思う

タバコの副流煙が階下から漏れてくる問題は被害が顕在化していないのだが、例えば大麻を解禁したら問題が健在化すると思う。
(自分の住居のタバコ副流煙の漏れの話でなく、一般的に社会的な問題として顕在化していないということ)

アメリカでは大麻の解禁が進行しているらしい。
2022年までにアメリカ全土で大麻が解禁か?元米下院議員が断言 Qetic

例えば日本で解禁になったとして、集合住宅で大麻を吸っている住人のそのすぐ上の階の住人が副流煙で影響を受けてしまった場合とか考えられる。

大麻の副流煙の影響を受けたことを自覚せず自動車を運転して事故を起こしてしまったらどうすればよいのだろうか?


現状、下の階のタバコ喫煙者からの受動喫煙の被害ですら、法的に責任を問うことが難しい。
タバコの受動喫煙の被害について損害賠償請求の訴訟を起こしたくて法律事務所に電話相談した結果

こんな調子でもし大麻を解禁したら副流煙での被害がタバコよりも大きな問題になるだろうし、それが分かっているから日本では大麻解禁はありえないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

60 − 52 =