中古の低スペックなWindows10のノートPCを大気汚染センサーのログ取り用に買ってみた

中古の低スペックなWindows10のノートPCを大気汚染センサーのログ取り用に買ってみた。

Amazonでこれを買ってみたのだが、写真とか関係なしで、どのメーカーの中古PCが届くか決まっていないようだ。

今回の自分の場合は、東芝のDynabook Satellite K31 240E/Wという機種が届いた。中古PCガチャだ。

「15 インチ大画面 Celeron 1.80GHz/メモリ 2GB/HDD 160GB/無線LAN/DVD/中古ノートパソコン 」という条件は満たしていて、それよりもよいCPUが載っているので、まあ当たりだったのかなあ。Windows10も64bit版が入っている。

Windows Vista時代のPCで、PCカードスロットなんかも付いている。

チップセットはMobile Intel GM45で、内蔵のグラフィック機能はGMA 4500というものらしい。

画面の解像度は 2,048×1,536と結構高いはずなのだが、ドライバがちゃんと入っていないのか低解像度の表示しかできない。ドライバを入れ直ししないとダメなのかもしれないが、存在するのかどうか不明だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

8 × 1 =