家のPS Vitaのネットワークの調子が悪い

家のPS Vitaのネットワークの調子が悪い。
買った当初は問題が無かったのだけど、いつの頃からかのファームウェアアップデート以降ずっと不調だ。
Rimg0003
発生するエラーとしては、「DNSサーバーが使えません。時間内にDNSサーバーが応答しませんでした。」という表示が出ることが多い。他には「時間内にサーバーまたは機器に接続できませんでした。」というエラーもまれに出たりする。
こういったエラー表示が出る前には通信が切れているような感じでネットワークを使っているアプリやゲームがフリーズしたように反応しなくなってしまい、最後には上記のようなエラー画面が出たり、それすら出ないままアプリが固まってしまったりするという症状だ。

文字通りDNS関係のエラーかと思ったので、ネットワーク設定のDNSを8.8.8.8に設定するのを試してみた。
Rimg0002
しかし、症状は改善しなかった。

特に困るのはPS Storeのアプリで、ブラウズ中に反応しなくなってしまう。
Rimg0003
そういう場合には、一旦PS Storeアプリを終了させて、しばらく時間をおいてから再度PS Storeアプリを起動させて騙し騙し使っていた。PS Vitaの電源を落として再起動させるという方法でも復旧することができるが、ちょっと面倒だ。

PS Storeでゲームを購入したあとのダウンロードでも、同様にネットワークが切断してしまうので、せっかく購入したゲームが遊べないという困ったことが起きていた。
何度もPS Vitaを起動しなおしてダウンロード再開し、再度しばらくしたら切断し、また再起動というのを延々と繰り返したりして対処していた。

しばらくずっとPS Vitaの稼働率が低かったのであまり気にしないでいたが、最近退職後でちょっと暇になってきたのでPS Plusに加入したりしてゲームに時間を使うようになってきて、PS Vitaも使うようになり、上記の問題が非常に気になってきた。

最近のPS Vitaのゲームのなかには基本無料のミリオンアーサーみたいなネットワークの通信を使う頻度の高いゲームがあり、そういうゲームの場合に頻繁に通信が切断して進行できなくなるため、気になっている。
だいたい3分くらい操作すると切断される感じだ。

torneアプリでLAN内のnasneとの通信では切断することはなく、PSNの通信の場合のみ問題が発生するようだ。

あと、PS Vitaの電源を落として再起動しなくてもネットワークを復活させる手順が最近やっと分かった。
Rimg0001
設定のネットワーク関係の「インターネット接続テスト」を行うとPSNへの再接続が行われて、ネットワークが復活する。

ゲームの途中やPS Store操作中にネットワークが切れたと感じたら、PSボタンから設定を開いて上記のインターネット接続テストを行い、またPSボタンから元の画面に戻ると大抵は問題なく復帰できる。

最近ではインターネット接続テストを立ち上げっぱなしにしていたりする。

不便なので直って欲しいのだけど、こういう問題が起きているのは自分だけなのだろうか?
ネットで検索してもこの問題に該当するものが引っかからなかったりする。

家のネットワーク環境についても疑っているのだけど、ルーターの役割をしているフレッツ光のCTUは簡単に他のものに取替えできないので、あまり打てる手がない。


追記

一時的に昔使っていたWiFiルータで暗号の弱い(WEPのみ)の機種をアクセスポイントに設定して試してみたところ、安定して通信できた。ただし、ちょっとセキュリティ的には問題があるので使えない。

BAFFALOのWHR-HP-G300NというWiFi用無線ルーターの機種のファームウェアを最新に更新し、アクセスポイントに設定したら、こちらも安定して通信できた。無線の暗号もWPK2に設定できた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

7 × = 42