階下からのタバコの煙への対策 2019 – その52

タバコの受動喫煙の被害について差し止めの仮処分命令の申請が却下されたので、抗告したのがこれも却下されてしまった

もうこれ以上、控訴にあたる手続きは存在しないので、抗告の結果は確定してしまった。
抗告は高等裁判所の判断なのだけど、これでは同じ証拠で訴えている本訴の裁判(地方裁判所)の結果も同じ結果になるだろう。

裁判でタバコの煙に対抗するというのを今年はずっと取り組んだのだけど、結局ほぼ失敗に終わった。

まだ本訴の裁判は残っているのだが、結果には期待できないので敗戦処理みたいなものなのだが、いちおう最後に判決が出るまでは続ける。
そして、タバコの煙の臭いがしていてホルムアルデヒドやTVOCなどの測定結果があってもタバコが原因とは考えられないという裁判所の判断の判例として確定することになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.