大豆のお肉で作ったミニフライドチキンとミニメンチを食べてみた – 代用肉その31

大豆のお肉で作ったミニフライドチキンとミニメンチを食べてみた。

電子レンジで袋のまま加熱して、すぐに食べられる。

写真の左側がフライドチキンで、右がメンチだ。

食べてみた。
ミニフライドチキンは、チキンナゲットよりもさらに柔らかい”つみれ”か”つくね”のような肉団子で、スパイスとかフライドチキン風の味つけになっている。あまり美味しくないのだが、値段なりといったところか。

ミニメンチは、それよりもさらに柔らかくて、袋の中でミニメンチどうしがくっついてしまったのを袋から出すときに転がったはずみに1個だけだが崩れかけになってしまった。
メンチという名前だが、メンチカツ風というのではなく、ミンチの肉団子みたいな感じだ。ぼそぼその食感であまり美味しくない。


もう1種類、甘酢ミートボールも買って食べた。3種の食べ比べだ。
甘酢ミートボールは肉団子の量はちょっと少ないし、歯ごたえも柔らかすぎる感じだ。タレのおかげで上記2種に比べるとまだ美味しく食べることができた。

入っている数については、6個か7個みたいだ。
7個入っていたら”当たり”か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

82 + = 87