100円ショップでファイアスターターが売っていたので入手した

100円ショップでファイアスターターが売っていたので入手した。

アウトドアで薪とか炭に火をつけるときには普通はトーチタイプのライターなどを使うので、今後もこのファイアスターターを使うことは無さそうな気がする。

ガスが切れてしまったときの代わりにできるようにお守りとして持っておくのがよいのかもしれない。

使い方は、ネットで動画を見て予習した。

黒い金属の棒がマグネシウムで出来ている棒で、細長い小さい金属片はマグネシウム棒を削るための工具だ。

金属片(工具)でマグネシウムの棒を強く削るようにしてマッチの火をつけるように擦ると、火花が発生し、燃えやすい物に火をつけることができる。

新聞紙とか紙くずやおがくずを使うとか、薪に使う木をナイフで細かく彼岸花みたいに切ってフェザースティックに加工するとか、麻の紐をほぐして綿状にするとか、いろいろ方法がある。

あと、マグネシウムの棒をあらかじめ削ってマグネシウムの粉末を作って、その粉末を火をつける物にまぶしておくと、さらに火が付きやすくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

73 + = 77