Xiaomi Redmi Note 11のホーム画面にアプリを追加するメニュー機能が使えなくなった

Xiaomi Redmi Note 11のホーム画面にアプリを追加するメニュー機能が使えなくなった。

UIのクラシックモードで使っているのだが、アップデートのせいかメニューボタンでインストールされているアプリの一覧が表示できなくなってしまっている。

メニュー長押しに割り当てはちゃんとしているのに。ウイジット追加とかのメニューが表示されるように変更された??

ホーム画面の設定で、ホーム画面モードをクラシックにしていると発生する問題っぽい。

クラシックモードの初期設定だと、ホームボタンの機能が割り当てされてなくて機能しないので、システムナビゲーション設定からボタンショートカットのところで、ホームボタン長押しに設定して使っていて、この間まではちゃんとメニュー表示は機能していた。


以前、メニューを開いたときには、アプリとかウィジェットをホーム画面に追加することができていた。
しかし、いつからなのかアップデートのせいで(?) アプリ一覧が表示されなくなってしまって、ウィジェットしかホーム画面に追加できなくなってしまっている。


クラシックモードで使うのはあきらめて、モードを切り替えた。
ドロワー付きのモードだ。ドロワー機能があまり好きで無いのでクラシックモードにしていたのだけど、仕方がないのでこちらを使うことにした。

すると、切り替え後に、ホーム画面においていたショートカットとかフォルダーが消えてしまった。

ホーム画面の設定をクラシックモードに戻すとフォルダ分けしたのが元のままになっている。復活した。

ホーム画面モードを切り替えるときにはホーム画面の中身が全然別のものになるらしい。仕方がないので、前のホーム画面の仕分けしたフォルダ構成をメモして、同じようにショートカットを作り直してフォルダ分けし直した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

4 × = 4