小型クアッドローターラジコンヘリ玩具「NanoSpider」を調べてみた

小型クアッドローターラジコンヘリ玩具「NanoSpider」を調べてみた。
(元の記事はこちらに書いていたものをblogに書き直ししている)

だいぶ昔にクアッドローターラジコンヘリ玩具の「X-UFO」というのを試したことがある。
数年の間にQuadcopterのラジコンは小型化され安価になってきており、去年、MI-TNT3Dという小型の機種を買った
最近、さらに小型なNanoSpiderという機種が売っているのを見つけたので、試しに買ってみた。(2013-05-25)


クアッドローターラジコンヘリNanoSpider


NanoSpiderとMI-TNT3Dの大きさの比較



コントローラーも小型なものが付属する。
NanoSpiderの電源を入れると赤色と青色に発光して本体の前後方向が分かるようになっている。


分解してみた

普通に裏返すと、基板がむき出しになっている。
HUBSANというロゴがシルク印刷してある。製造しているのはHubsan Hobbyというメーカーのようだ。
4つのローターを支えるアーム部分もプリント基板として作られている。折れそうだ。


表側のカバーを外すとリチウムポリマー電池が基板に貼り付けてあり、電池を剥がすと基板上にIC部品が見える。
部品表面に糊がべったりと付着していて文字が読み取れないので拭き取った。


制御基板の拡大写真。
写真右側のICは、HUBSANというマーキングがされている。詳細不明。CPUなのかもしれない。
写真上側のICは、3軸ジャイロセンサーのInvensense MPU-3050。
写真左側のICも詳細不明。近傍にアンテナ用のプリントパターンがあるのでRF用か。
写真下側のICは不明。加速度センサーだと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.